令和元年台風第19号災害に係る民間賃貸住宅借上げによる応急仮設住宅

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1025275  更新日 令和1年11月26日

印刷大きな文字で印刷

1 概要

 災害により住家が全壊又は流出し、自らの資力では住宅を確保できない者に対し、県が応急仮設住宅として民間賃貸住宅を借上げるもの。

2 対象者

  1. 住宅が全壊、全焼又は流出等の被害を受け、現在、避難所にいる方はもとより、ホテル・旅館、公営住宅等を避難所として利用されている方や、親族宅等に身を寄せられている方
  2. 「半壊」(「大規模半壊」を含む。)であっても、水害により流入した土砂や流木等により住宅としての利用ができず、自らの住居に居住できない方
  3. 二次災害等により住宅が被害を受ける恐れがある、ライフライン(水道、電気、ガス、道路等)が途絶している、地すべり等により避難指示等を受けているなど、長期にわたり自らの住居に居住できない方
  4. 令和元年台風第19号災害において、災害救助法が適用された市町村(宮古市、大船渡市、久慈市、陸前高田市、釜石市、一関市、住田町、大槌町、山田町、岩泉町、洋野町、田野畑村、普代村、野田村)に居住する方

3 お問い合わせ先

被災時に居住していた市町村

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 地域福祉課 生活福祉担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5481 ファクス番号:019-629-5429
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。