第16回食育推進全国大会inいわて 応援大使を任命しました

ページ番号1032520  更新日 令和2年7月31日

印刷大きな文字で印刷

第16回食育推進全国大会inいわて 応援大使を任命しました

第16回食育推進全国大会岩手県実行委員会の開催に併せ、

本大会の魅力を広く発信することにより、開催機運の醸成を図ることを目的として、

「第16回食育推進全国大会inいわて 応援大使」を任命しました。

大使を代表して、いわて純情むすめの内田有紗さんが抱負を述べ、

達増知事が激励のことばを述べました。

今後も、たくさんの応援大使を任命し、大会をPRしていただく予定です。

抱負を述べる内田さん

大使

7月20日任命応援大使

1 いわて純情むすめ(JA全農いわて)

  • いわて純情むすめは、1989年、初代「いわて純情むすめ」が誕生。1年間の任期で、岩手県産農畜産物を全国へPRするための「キャンペーンガール」として活動を開始。
  • 31代目となる「2019いわて純情むすめ」は、令和元年7月から令和2年6月までメンバー5名で活動を行ってきたが、現在は、新型コロナウイルス感染症の影響から「2020いわて純情むすめ」の募集がストップしたことをうけ、内田有紗さん、千葉唯愛さん、中村絵里香さんの3名が任期を延長して活動している。

2 じゅんき君(JA全農いわて)

  • いわてには、純な自然な力と人々の情が通いあう"純情な”農畜産物がすくすくと育っている。いわて純情米、いわて純情野菜、いわて純情りんご、いわて牛、いわての牛乳、いわての花、いわて純情しいたけー 数々のおいしさを生み出す「純情産地・いわて」。
  • 「純情産地・いわて」の守り神として、いわての元気、いわての心がたっぷり詰まった「純情ブランド」を全国の食卓に届けるべく、PR活動を行っている。

3 わんこきょうだい

  • 任命式はそばっちが出席。「人を幸せにする」=「人をもてなす」。いわてで人をもてなす象徴といわれる「わんこそば」。
  • また、国内漆生産量日本一を誇る漆を使った、いわての「漆器」。この2つをかけあわせたメインキャラクターで、岩手県の見どころやイベント、食などをPRしている。

4 エコロル

  • エコロルは、いわてのみんなに3R(スリーアール)を普及させる使命を帯びて、桜咲くエコロト-ヴォの森からやってきた3Rの妖精。
  • 3Rに基づくライフスタイルの実践を呼びかける『もったいない・いわて3R運動』を展開しており、食育キャラバンや幼稚園、保育園訪問事業、そのほかイベント出演等を通して、県民の皆様に向け3Rに係る普及啓発活動を展開している。

5 おこめきょうだい

  • 任命式はこんじっちとぎんがっちが出席。遠野物語で語りつがれる、お米が尽きることのない幸福をもたらすお椀と、ついついおかわりして食べたくなるほど、とても美味しいいわてのお米。そんないわての伝説と自慢のお米が融合したキャラクター。
  • 皆さんがいわてのお米を食べると、幸せと元気になれるパワーをもたらす。
  • わんこきょうだいと同じ仲間で、いわてを盛り上げるべく様々な場面で活動を展開している。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 県民くらしの安全課 食の安全安心担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5322 ファクス番号:019-629-5279
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。