エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  教育・文化 ›  国際・多文化共生  ›  国際交流  ›  国際協力機構(JICA)


ここから本文です。

国際協力機構(JICA)

ID番号 N3376 更新日 平成29年4月3日

国際協力機構(JICA)の人材派遣事業への参加促進

開発途上国の人づくり・国づくりに協力するため、国際協力機構(JICA)では、各種のボランティアや専門家の派遣事業を実施しています。

独立行政法人 国際協力機構(Japan International Cooperation Agency:JICA)

2008年10月、国際協力機構(JICA)と国際協力銀行(JBIC)の海外協力(ODA)部門が統合し、JICAは総合的な援助機関として新たにスタートしました。

JICAが実施している海外支援のための人材の派遣事業には、青年海外協力隊やシニア海外ボランティアなどのボランティア事業と専門家派遣などの技術協力事業があります。

このような人材を派遣して行う技術協力は、途上国の地域住民の一人ひとりに対してきめの細かい援助ができることから、「人を通じた国際協力」として、重要な役割を果たしています。

また、青年海外協力隊活動は、相手国への協力成果のみならず、参加者本人が有形無形の収穫を得て、帰国してからの活動も高く評価されています。

特に、教員の方々の協力隊参加は、「海外ボランティア経験を教育現場に還元する」という開発教育の効果も大いに期待されており、帰国後の教育現場でその経験を発揮することは、将来の日本の人材育成に大きく貢献するものと考えられます。

岩手県では、青年海外協力隊やシニア海外ボランティアなどの人材派遣事業の普及啓発を行うとともに、これらの人材募集に協力し、県民の参加促進を図っています。
また、参加希望者が応募しやすい環境をつくるために、現在の職場の身分を保持したまま参加できる現職派遣制度への理解促進に努めています。

詳細はJICAのホームページでご覧ください。

JICAボランティア平成29年度春募集

募集期間:平成29年3月31日(金曜日)から5月10日(水曜日)まで

       募集要領等、募集内容の詳細は、JICAボランティアウェブサイトで御確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 国際室 国際担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5764 ファクス番号:019-629-5766
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.