【再開発】稲庭高原風力発電所の再開発事業について

ページ番号1045321  更新日 令和3年9月3日

印刷大きな文字で印刷

稲庭高原風力発電所のリニューアル工事を行っております。

 稲庭高原風力発電所は、平成13年に運転を開始し県内にCO2フリーの電気を供給してきましたが、機器の経年劣化が進行し運転継続が困難となったことから、風車及び電気設備一式の更新を行うこととしました。

風車概要

項 目

新 設

既 設

最大出力

1,980kW(1,980kW×1基)

1,980kW(660kW×3基)

風車高さ

119m

75.5m

年間発電電力量

5,544千kWh/年

一般家庭約1,800世帯相当

4,105千kWh/年

一般家庭約1,300世帯相当

リニューアル工事の特徴

 1.機器の集約化(風車3基から1基)による保守の効率化

 2.高効率風車導入による年間発電電力量の増加

 3.自然に調和する風車塗装(下部グラデーション塗装)の採用

工事の進捗状況について

 令和3年6月から新風車の基礎設置工事を進めており、令和3年10月中旬から風車の組立が始まる予定です。

 

 

杭基礎工事
新風車の杭基礎工事中
基礎工事中の状況
新風車の基礎設置工事中

 新風車の設置工事と並行して、令和3年5月から既設風車の撤去工事も進めています。

 8月末現在、既設風車の撤去は3基とも完了し、風車コンクリート基礎の撤去工事を行っているところです。 

ブレード撤去工事
既設2号風車のブレード撤去中
2号基礎撤去工事
既設2号風車の基礎撤去中

イメージ写真

リニューアル工事後イメージ写真
参考:リニューアル工事後のイメージ写真
リニューアル前写真
参考:既設風車撤去前の写真

工事実施についてのお願い

  工事期間中、工事用車両の通行などでご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

企業局 業務課 発電所再開発推進担当
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6402(内線番号:6402) ファクス番号:019-629-6404
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。