いわてICTフェア2019in三陸・久慈(展示内容)

ページ番号1020414  更新日 令和1年6月16日

印刷大きな文字で印刷

展示内容詳細

1 株式会社アイシーエス

(1)多言語震災学習プログラム
沿岸への訪日外国人旅行者の受け入れ態勢を整備するため、岩手県の委託でモデル的に開発した震災語り部活動の支援システムです。
(2)クラウド型災害情報システム
関係機関が一体となって災害対策活動に臨め、Lアラート®やSNSを通じて住民に必要な情報を速やかに発信できるシステムです。

2 NTTドコモ

(1)働き方改革ソリューション

企業や一次産業の「働き方改革」実現に向けた、モバイルとクラウドを活用したドコモのソリューションを紹介します。

また、ICTブイによる海洋環境の「見える化」を紹介します。

(2)教育ICTソリューション
新学習指導要領に向けた、タブレット活用によるプログラミングやコンテンツを紹介します。
(3)未来型コミュニケーション
AIによる対話型多言語対応の翻訳ソリューションや次世代通信の5G実用化に向けた、ソリューションを紹介します。

3 日本電気株式会社(NEC)

(1)安否確認 /Zoom(遠隔ミーティング・情報共有)
遠隔ミーティングシステムを活用し、対策本部と災害現場等の情報共有、コミュニケーションの向上を図ります。
(2)モバイルPOS(ipad・スマホ利用のクラウドPOS)
iPadを利用したクラウドサービス型で、従来のPOSレジと比較して安価に導入することができます。リアルタイムで多店舗の売上分析/マスタ管理が可能です。
(3)多言語音声翻訳サービス
スマホやペンダント型専用端末により簡単操作で、外国人との円滑なコミュニケーションを実現します。

4 NTT東日本

(1)IoTの各種利活用と生産性向上ソリューション

カメラやIoTセンサーによる監視・防犯ソリューション(万引き防止、鳥獣害対策)、生産性向上ソリューション(RPA)を紹介します。

(2)観光分野におけるICTの利活用

インバウンド対応など観光分野におけるICTの利活用(Wi-Fi・キャッシュレス決済等)についてソリューション事例を紹介します。

5 富士通株式会社

(1)旅を便利にするAI観光アプリ

旅行者のTPOや興味を元に少し未来を予測して、旅・遊びを豊かにする情報をタイミングよくお知らせします。

観光客向けのサービスをアピールしたい事業者様に適したソリューションです。

(2)おしらせ@net

~地域情報を一斉配信するソリューション~

地域コミュニティの活性化や緊急時の情報伝達など地域コミュニケーション手段の確保を目的に、地域情報を一斉配信するソリューションを紹介します。
(3)FUJITSU 生体認証 PalmSecure AuthGate

~手のひら静脈認証を用いた入退室装置~

手のひら静脈認証による高精度な本人確認で確実な入退室管理を紹介します。

6 リコージャパン株式会社

(1)全天球360°の世界をVR体験

全天球画像や動画を簡単に撮影し、360゜に動かして見たり編集・共有できます。VRスコープを使うことで臨場感が高まります。

(2)ユニファイド コミュニケーション システム

映像等の多拠点通信を可能にするプラットフォームをクラウド上に構築し、インターネット経由でTV会議システムを実現します。

(3)働き方改革のヒントに!

インタラクティブホワイトボード・プロジェクター

インタラクティブホワイトボード(電子黒板) でアイデアを結集し、創造性あふれるコラボレーションを実現します。またプロジェクターなどを組み合わせ、必要な時にすぐに集まり、情報の共有・決定ができます。

7 岩手県立大学

(1)トイドローンの体験コーナー
会場内の特設エリアで小型ドローンを操作することができます。実際にさわって、その機能をご体感ください。
(2)災害・防災分野におけるドローン活用プロジェクト
ドローンを活用して土砂災害現場の状況把握及び災害現場の3Dモデル化を行います。3Dモデルの比較により現場の地形の変動状況を正確に把握する技術等について紹介します。
(3)災害・消防対策などに活用可能な最新の「大型ドローン」、「消火ノズル」

ドローンを活用した災害現場の状況把握、被災者の安否確認、救援物資の搬送

災害危険予想箇所の3Dモデルおよびマップの作成、農作物の生育状態管理、農薬散布について紹介します。

消火ノズル搭載ドローンによる高所ビルの消火活動、消火困難地域における上空からの消火活動について紹介します。

 

(4)コンクリート壁のクラック検出

ドローンを活用したコンクリート壁の点検で鉄骨等コンクリート壁以外も映り込んだ画像からクラック位置を検出するための深層学習を利用した手法について紹介します。

8 NHK盛岡放送局

(1)8K映像視聴コーナー
大型モニターで8K映像の世界を体験できます。今回は、リアルタイムで放送中の番組も8Kで視聴することができます。
(2)三鉄VR体験コーナー
3月に全線開通した三陸鉄道。さっそく、沿線の臨場感をVRで再現しました。

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 科学・情報政策室 地域情報化担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5313 ファクス:019-629-5766
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。