公的個人認証サービス

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1038298  更新日 令和3年3月5日

印刷大きな文字で印刷

公的個人認証サービスの概要

公的個人認証サービスとは

公的個人認証サービスは、行政機関等にインターネットを通じて申請や届出を行う際に必要な「電子的に押印できる仕組み」を提供するサービスです。

行政機関等に対し紙の書類で申請・届出するときは、多くの場合、申請者・届出者の記名・押印が必要です。
これは、「申請者・届出者自身が確かに作成したものである」こと、「申請・届出内容に間違いがないこと」を証明するため必要とされているものです。
一方、今後、行政機関等のウェブページで電子申請・届出する機会が増えていきますが、ウェブページのデータに押印することは出来ません。

また、インターネット上のデータの送受信には、以下の問題が起きる可能性があります。

インターネットでの課題

  • 成りすまし
    インターネット上では他人になりすまして通信が行われる可能性があります。
  • 改ざん
    インターネットではデータの送受信の際複数のコンピュータを経由しますので、それらのコンピュータ上でデータの改ざんが行われる可能性があります。
  • 送信否認
    インターネット上ではデータを発信したパソコンの特定はある程度可能ですが、誰がそのパソコンを操作したかの証明が出来ず、「送信していない」と主張される可能性があります。

そこで、行政機関等のウェブページ上で電子申請・届出する際に「電子的に」記名・押印できるようにし、また、インターネットでのデータ送受信の問題に対応する仕組みを提供するのが「公的個人認証サービス」です。

サービスをご利用になるには

お住まい(住民登録している)の市町村役場で電子証明書の発行手続を行います。

詳細につきましては、各市町村窓口にお問い合わせ願います。

公的個人認証サービスの運営体制について

平成28年1月以降はマイナンバー制度開始に伴い、これまで電子証明書を発行していた岩手県知事に代わって、地方公共団体情報システム機構が「電子署名等に係る地方公共団体情報システム機構の認証業務に関する法律」に基づいて運営しています。

このページに関するお問い合わせ

ふるさと振興部 科学・情報政策室 情報化推進担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5313 ファクス:019-629-5766
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。