平成24年度事務事業評価の実施状況及び反映状況について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011555  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

事務事業評価の概要

事務事業評価は、平成24年度に実施している事務事業のうち、政策的な722事業について評価を行いました。

そのうち「いわて県民計画アクションプラン」の推進のために県が行うプラン構成事業(565事業)については、「活動内容指標」及び「成果指標」の状況から評価(a、b、c)したうえで、必要性・有効性等を考慮して、今後の方向(拡充、継続、廃止など)を決定しました。

また、プラン構成事業以外の政策的な事業(157事業)については、必要性、有効性等を考慮して、今後の方向(拡充、継続、廃止など)を決定しました。

(1) 評価区分別

プランを構成する565事業について、活動内容指標・成果指標の状況から評価した結果は、【ともに「a」】が231事業(40.9%)、【「a」・「b」】又は【ともに「b」】が101事業(17.9%)、【「c」を含む】が91事業(16.1%)となりました。

(2) 今後の方向別

プラン構成事業以外の政策的な事業を含む722事業について、今後、「拡充」が12事業(1.7%)、「継続」が621事業(86.0%)、「縮減」が9事業(1.2%)、「廃止・休止」が32事業(4.4%)、「終了」が48事業(6.6%)となりました。

事務事業評価の実施状況は、県ホームページのほか行政情報センター及び行政情報サブセンターでも閲覧できます。

事務事業評価結果の反映状況

事事務事業評価については、第2期アクションプラン[政策編]を構成する565事業と、プラン構成事業以外の政策的な157事業の合計722事業を対象に評価を実施しました。

事務事業評価結果などを踏まえて「縮減」または「廃止・休止」とした事業は72事業、予算のうち一般財源で6億8,200万円を縮減しました。

また、「継続」して行うとした552事業においても事務の効率化などを進め、震災対応に注力する体制を整えつつ、一般財源で110億1,600万円を圧縮しました。

一方で、事業内容の充実などにより44事業を「拡充」し、新規事業も80事業創設しましたが、財源は国の基金等を最大限活用することとして、全体としては一般財源で108億5,300万円減額し、財源の見直しも図りながら事業の選択と集中を進めました。

  • 事務事業評価の反映状況は、県ホームページのほか行政情報センター及び行政情報サブセンターでも閲覧できます。
  • 反映状況に記載されている平成25年度当初予算については、今後、県議会の審議を踏まえて決定されるものです。(平成25年2月19日)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部 政策企画課 評価担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5181 ファクス番号:019-629-6229
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。