AI・RPAの導入に向けた課題調査業務に係る公募型プロポーザルの実施について

ページ番号1055784  更新日 令和4年6月27日

印刷大きな文字で印刷

 人材不足の解消や業務改善に有力なツールであるAI・RPAの自治体における利用を推進するため、モデル市町村においてAI・RPAを適用可能な業務の選定や可視化等の調査を行うこととし、これら業務に係る提案を下記により募集します。

更新履歴

令和4年5月11日
募集を開始しました。
令和4年5月20日
質問に対する回答を掲載しました。
令和4年6月27日
業務委託事業者選考委員会の審査結果を掲載しました。

本業務の概要

  1. 業務名 AI・RPAの導入に向けた課題調査業務
  2. 業務内容 別添「業務仕様書」のとおり
  3. 委託期間 委託契約締結の日(7月上旬を予定)から令和4年12月28日(水曜)まで
  4. 委託料の上限額 5,156,000円(税込)

注)この他、詳細は、実施要領及び業務仕様書等をご確認願います。 

本業務に係るスケジュール

内容

日程

1.プロポーザル実施要領等の公表

5月11日(水曜)

2.質問票の提出期限

5月18日(水曜)午後5時まで

3.質問に対する回答

5月20日(金曜)

4.参加資格確認申請書類の提出期限

5月25日(水曜)午後5時まで

5.参加資格確認結果の通知

5月30日(月曜)

6.業務提案書等の提出期限

6月8日(水曜)午後5時まで

7.選考委員会での審査

6月中旬(予定)

8.選考結果の通知

6月下旬(予定)

9.契約締結 7月上旬以降(予定)

 

添付資料

質問に対する回答

No. 資料名称 質問内容 回答

1

プロポーザル実施要領

選考会への参加可能人数は何名でしょうか。また、リモート参加の場合も併せてお教えください。 選考委員会(リモート参加も含む)への参加人数は、3名までといたします。

2

業務仕様書 「モデル市町村は、県が別に公募し、応募があった市町村の中から、参加者が選定する。」の「参加者」とは、岩手県庁様・応募市町村様・受注業者のどれを指しているのでしょうか。 モデル市町村は、岩手県が選定します。

3

業務仕様書

モデル市町村の公募〆切を過ぎているかと存じますが、対象市町村数は4市町村となりますでしょうか。可能であれば、対象市町村名をお教えください。

対象市町村数は、4市町村の想定です。現在、野田村・普代村・田野畑村の計3村から応募があったところです。

4

業務仕様書 「(5)業務の可視化と自動化範囲の決定」まで行う適用業務とは、モデル市町村ごとに1業務の想定となりますでしょうか。

1業務とは限りません。

業務仕様書2(2)「導入目的の明確化」及び(3)「適用業務の調査と評価・選定」、(6)「その他」に記載のとおり、モデル市町村の実情を把握した上で適用業務を決定するため、適用業務数は業務を進める中で決定します。

5

業務仕様書 「11月 本事業での調査・取組結果を共有(予定)」とは、県内市町村への報告会のようなものを想定されておりますでしょうか。 お見込みのとおり、県内市町村への報告会を予定しております。

6

業務仕様書

> ・県及びモデル市町村と連携を密にし、業務にあたること。

 

県及びモデル市町村の担当者の所属部署・人数はどのような想定でいらっしゃいますでしょうか。

以下のとおりです。

  • 岩手県

 (所属)科学・情報政策室 (担当者)2名

  • モデル市町村

 モデル市町村により異なりますが、窓口となる所属は総務課等で、担当者数は1~2名を想定しています。

7

業務仕様書

> ・調査実施期間は、上記ウに記載のとおりであるが、委託期間終了まで県及びモデル市町村の取組をフォローするものとする。

 

「フォロー」とはどのような内容を想定されていますでしょうか。

業務仕様書4スケジュールに記載のとおり、次の3点について対応していただきます。

  • AI・RPA導入対象業務の決定
  • 令和5年度に向けた取り組み方針の整理
  • 本事業での調査・取組結果を共有(予定)

 県内市町村に向けた報告会を実施予定としておりますので、その対応に当たっていただきます。

8

業務仕様書 打ち合わせ・調査・報告会等の業務遂行にあたって、県及び各モデル市町村への訪問頻度はどの程度期待されていますでしょうか。

初回訪問時など、1回以上の訪問(対面)を期待しています。全体の訪問頻度は、モデル市町村との打合せを通じ、事業者側から提案願います。

9

業務仕様書 県及び各モデル市町村の担当者との打ち合わせはオンラインで実施することも可能でしょうか。 オンラインによる打ち合わせは、岩手県及び各モデル市町村とも実施可能です。

 

委託事業者選考委員会の審査結果

本業務の審査結果を公開します。

本業務に係る業務提案は、4社から御応募いただきました。

プロポーザル審査要領に基づき、下記委員で構成する委託事業者選考委員会を開催し、提案者から提出された業務提案書及びプレゼンテーションに基づき審査を行い、次のとおり受託候補者を選定しましたので、お知らせします。

1.選考委員会開催日時
令和4年6月20日(月曜)13時30分から16時40分
2.選考委員会委員

委員長 岩手県 ふるさと振興部 科学・情報政策室 デジタル推進課長 木村幸地

委 員 岩手県 総務部 行政経営推進課 行政情報化担当課長 舘本真一

委 員 岩手県 DX推進コーディネーター 柴田義孝

3.選考基準
プロポーザル審査要領
4.選考結果

(順位) (業務提案者名)          (順位点合計)

 1位  株式会社NTTドコモ東北支社       15点

 2位  A社                   6点

 3位  B社                   5点

 4位  C社                   3点

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

ふるさと振興部 科学・情報政策室 デジタル推進担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5313 ファクス:019-629-5766
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。