被災者支援を目的とした個人情報の利用及び提供について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011176  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

各種災害の発生により大きな被害が生じた場合には、県だけできめ細かな支援をもれなく実施することは困難なことから、市町村をはじめとする関係機関との連携・協力が不可欠となります。

関係機関が被災者支援を行う際には、県が保有する個人情報の提供が必要となる場合があります。
このため、県(知事及び教育委員会)は、被災者の個人情報の利用・提供の取扱いを次のように定めましたので、お知らせします。

被災者の個人情報の利用・提供の取扱い(概要)

  1. 県内部での利用・提供
    被災者の負担軽減、生活再建を目的とする場合に、被災者個人の権利利益を損なわない限りで、必要に応じて利用・提供することができる。
  2. 国、他の地方公共団体及び県内に所在する社会福祉協議会に対する提供
    被災者の負担軽減、生活再建を目的とする場合に、被災者個人の権利利益を損なわない限りで、必要に応じて提供することができる。
    ただし、提供に当たっては、使用目的の制限等を求めることがある。
  3. 法人その他の団体
    次の基準をすべて満たす場合に限り、個人情報を提供することができる。
    (ただし、基準にかかわらず個人情報の提供が適当でないと認められる場合は提供できません。)
    被災者支援に係る個人情報の提供の対象となる団体の基準(詳細は、添付ファイル参照)
    1. 事業の公益性
      被災者の生活再建に向けた支援としてふさわしいか
    2. 目的の明確性・整合性
      個人情報を取り扱う目的が明らかで、かつ、事業全体の目的と整合しているか
    3. 提供内容の合理性等
      必要とする個人情報の対象範囲及び項目が、取扱目的に対して合理的で必要最小限であるか
    4. 提供の必須性
      県から個人情報の提供を受けなければ目的達成できないのか
    5. 実施可能性
      事業をする団体の体制、計画、方法等を勘案し、確実に実施されると見込まれるか
    6. 責務遵守性
      団体自らの責任で個人情報保護について必要な措置を講じることができるか
    7. 権利利益侵害性
      個人情報を提供することで本人の権利利益を不当に害するおそれがないか

被災者の個人情報の提供申出

被災者の個人情報の提供を希望される場合は、協働しようとする事業を所管する室課等にご相談ください。
(詳細は、別添「被災者支援に係る個人情報の提供の対象となる団体の基準の運用方針」を参照)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務室 情報公開担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5055 ファクス番号:019-629-5064
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。