奥州農業改良普及センター普及指導方針

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1013683  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

1 地域農業の目指す姿

  1. 環境変化に対応した生産体制確立への動きが加速
  2. 意欲ある農業経営体が自ら創意工夫し、力強い経営を展開
  3. 新たな農業者を受け入れ、育てる環境が整備
  4. 安全安心な農畜産物を安定的に生産する産地としての高い評価を獲得
  5. 農畜産物の加工・販売を経営部門にする新たなビジネスモデルが創出
  6. 活力のある地域コミュニティ活動により農地・農村集落が保全・維持

2 普及活動の方向性

  1. 地域の目となり耳となる普及活動
  2. 農業者の側(そば)に立つ普及活動
  3. 地域の知恵袋になり、地域リーダー、関係機関・団体と連携して課題解決する普及活動

【重点推進事項(大課題)】

  1. 地域農業を担う経営体の育成
    経営改善意向経営体の確保、農業経営の改善、経営発展を可能にする環境整備
  2. 次世代経営体の確保・育成
    地域と協働した新規就農者の確保・育成、若手経営者の育成
  3. 経営の多角化 
    起業者の育成、地産地消の推進
  4. 銘柄米産地の維持
    米低コスト生産経営体の育成、新技術導入による米産地の維持
  5. 大豆生産の拡大
    新品種の普及、大豆による組織経営の改善
  6. 野菜生産の拡大
    野菜産地の核となる経営体の育成、野菜生産力の強化
  7. りんご生産の拡大
    りんご生産基盤の強化、りんご生産力の強化
  8. 花き生産の拡大
    花き産地の核となる経営体の育成、花き生産力の強化
  9. 肉用牛生産の拡大
    肉用牛経営体の育成、肉用牛外部支援体制の強化
  10. 酪農の維持
    酪農経営体の育成、酪農外部支援体制の強化

このページに関するお問い合わせ

奥州農業改良普及センター
〒023-1111 岩手県奥州市江刺大通り7-13
電話番号:0197-35-6741 ファクス番号:0197-35-6303
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。