野鳥に餌をやらないで

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1013503  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

 平成28年度は、全国で野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが多数検出され、本県でもハクチョウなどの野鳥20羽から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

 また、環境省によると、平成28年度の発生では餌付けや給餌により、多数の水鳥が密集している場所で、感染した野鳥が多数発見されています。

 野鳥へ安易に餌付けを行うことは、野鳥が人の与える食物へ依存してしまうことや、餌付け場所への密集することで野鳥同士の接触が進み、感染症の拡大を招くおそれがありますので、自粛していただきますようお願いします

このページに関するお問い合わせ

県南広域振興局保健福祉環境部・奥州保健所 環境衛生課 環境推進チーム
〒023-0053 岩手県奥州市水沢大手町5-5
電話番号:0197-48-2422(内線番号:515) ファクス番号:0197-25-4106
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。