開発審査会審査基準の一部改正(令和3年1月1日施行)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1036010  更新日 令和3年1月1日

印刷大きな文字で印刷

岩手県開発審査会審査基準の一部が改正され、令和3年1月1日から施行します。

改正内容については、別添のファイルのとおりとなります。

なお、改正点は、次のとおりです。

  1. 「特定流通業務施設」について、滝沢中央スマートインターチェンジの付近の区域を対象に加えるもの。
  2. 「やむを得ない事情による用途変更又は用途変更を伴う建築行為」について、相当期間適正に利用された自己用住宅を賃貸住宅として使用するための用途変更等を対象に加えるもの。

岩手県開発審査会基準とは?

市街化調整区域において開発行為又は建築行為をする場合は、都市計画法第34条各号のいずれかに該当する必要があります。このうち、同条第14号(平成19年11月30日以前は、第10号ロ)に該当するものは岩手県開発審査会の議を経る必要がありますので、その際の審査基準を定めたものです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 都市計画課 開発担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5888 ファクス番号:019-629-9137
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。