LP治水安全度について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009924  更新日 平成26年1月17日

印刷大きな文字で印刷

近年、集中豪雨や度重なる台風の上陸により、全国各地で大規模な水害が発生しており、とりわけ、局所的な豪雨の影響を受けやすい中小河川において甚大な災害が発生しています。

しかしながら、中小河川では、河道縦横断測量、水位・流量観測等が十分に実施されていない個所も多く存在し、流下能力などの基本的かつ重要な情報が不足しているのが実情です。

そのため、全国の一級水系内の中小河川について、従来のデータ収集・解析手順にこだわらず、簡便な手法で全国同一の尺度による治水安全度評価を実施することを目指して、中小河川の測量”空白区”を一挙に解消すべく、広範囲の地形データを高密度で簡便に取得できる航空レーザ測量を活用して安全度評価を行いました。

馬淵川水系の治水安全度評価図を公表いたします。(平成20年10月23日)

北上川水系の治水安全度評価図を公表いたします。(平成21年3月31日)

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 河川課 流域治水担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5905 ファクス番号:019-629-5909
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。