岩手県立病院医療事故等の包括公表について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1015153  更新日 平成30年11月20日

印刷大きな文字で印刷

岩手県立病院等医療事故等の包括公表について

平成30年11月20日

 岩手県医療局では、医療の透明性を高め、県民の信頼を得るとともに医療の安全の向上に資することを目的として、岩手県立病院等で発生した医療事故等の概要等と再発防止策を公表しています。
 平成30年度上半期に報告された医療事故等で患者さん又はご家族から同意を得て包括公表する事例は次のとおりです。

事例

平成30年7月 岩手県立遠野病院

概要

 入院時から血清カリウム値が高い患者さんに、検査結果を認識せず、術後、カリウムの入った輸液を3日間投与した。症状が悪化したため、診察、検査した結果、高カリウム血症と診断され、専門的治療のため転院となった。

原因

入院時及び手術前の検査結果及び既往歴を十分に認識していなかった。

再発防止対策

手術前に多職種によるカンファレンスを行い、相互に情報共有、注意喚起を促進する。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

医療局 業務支援課 医療相談・支援担当
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6340(内線番号:6340) ファクス番号:019-629-6344
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。