エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  医療  ›  健康  ›  がん対策  ›  「治療と仕事の両立支援セミナー」の開催


ここから本文です。

「治療と仕事の両立支援セミナー」の開催

ID番号 N39248 更新日 平成29年11月8日

がんになっても仕事を続けられる職場環境づくりに向けて、企業の経営者・人事労務・安全衛生担当者・産業医などを対象とするセミナーを開催しました。

平成29年度治療と仕事の両立支援セミナーを開催しました


29砂川氏

 県では、今年度で3回目となるがん等の病気になっても就労を継続し、仕事と治療の両立をサポートできるよう、主に企業等の各種法人・団体の雇用に携わる関係者の皆様に、理解の促進やサポート体制の周知を図るため、県内の企業等の就労・安全衛生担当者・医療関係者、就労を希望するがん患者や家族等を対象に、治療と仕事の 両立支援セミナーを開催しました。
 セミナーには、県内の企業の方や労務担当者、医療従事者、がん患者など約50名の方々に参加頂きました。

 セミナーの前半では、県からの報告として、「岩手県がん対策推進計画の見直し」についてご説明いたしました。

 続いて、「事業主のための治療と仕事の両立支援 ~従業員を辞めさせないためにできること~」と題して、日本キャリア開発協会 治療と仕事の両立支援推進プロジェクトリーダー、キャンサーキャリア 代表 砂川未夏氏が基調講演を行いました。
  砂川氏の体験談、会社員から10年間キャリアコンサルタントとして働いてきたことを踏まえ、がん患者を中心にどういった支援をしていったら良いのかお話を頂きました。
 「がん患者さんから必要とする情報を入手して、少しの配慮、ちょっとした心がけで仕事は続けることができます。私たちのような専門家、社労士、キャリアコンサルタント、行政、病院と一緒の支援していくことが大事だと思います。
  患者と管理者を孤立させないためにも「患者力」を皆で磨いていきましょう。」とお話しされました。

 セミナー後半では、国・就労支援機関からの取組報告として

 岩手労働局小田健康安全課長より、「「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」両立支援を行うための環境整備、事業主への助成制度、労働者が利用できる支援体制について」報告頂きました。
  また岩手県地域両立支援チームを代表して「地域版・患者版パンフレット」についても報告頂きました。
  具体的な取組として、会社の意識改革と受入体制の整備、トライアングル型支援などの推進、労働者の健康確保のための産業医・産業保健機能の強化についてお話をされました。
  今年度新たに治療と両立支援のための制度を新たに作成するなどを行った場合の助成金制度がありますので、ぜひご利用頂きたいとお話しされました。

 盛岡公共職業安定所川西職業促進指導官より、「医療機関と労働部門との連携による支援体制について」報告頂きました。
 長期療養者就職支援事業実施状況について報告頂きました。昨年度より岩手医科大学付属病院と連携し長期療養者に対する出張相談を行っており、今後も取組を強化し周知に努めていきたいとお話しされました。

 また独立行法人労働者健康安全機構 岩手産業保健総合支援センター若月副所長より、「両立相談支援体制について」報告頂きました。
 事業所と協力して長期療養者の勤務状況等を主治医にお伝えする内容について整備してまとめるなどを行っています。今後がん相談支援センターの協力を仰ぎながら労働者からの要望に応える体制を作っていきたいとお話しされました。

 

開催日時・会場

(1) 日時 : 平成29年10月16日(月) 13:30~15:30 (13:00開場)

(2) 会場 : エスポワールいわて 2階 大ホール (盛岡市中央通1丁目1-38)

(3) 定員 : 100名 入場無料

対象

(1) 県内企業の人事・労務担当者、安全衛生担当者、産業医等
(2) がん等の患者の診療や相談支援を行う医療従事者(医師、看護師、保健師、相談員等)
(3) がん等の患者やその家族、関心のある県民

内容

 1) 開会・県からの報告 (13:30~)
  ・ 「岩手県がん対策推進計画」の見直しについて
                  
 2) 基調講演 (13;40~)
 
  ・ テーマ : 事業主のための治療と仕事の両立支援  (従業員を辞めさせないためにできること)
     
  ・ 講師  : 
砂川 未夏 氏
                    (日本キャリア開発協会 治療と仕事の両立支援推進プロジェクトリーダー、キャンサーキャリア 代
ほか)

 3) 国、就労支援機関からの取組報告 (14:40~)

 (1) 「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」について ・・・ 【岩手労働局】
    (両立支援を行うための環境整備、事業主への助成制度、労働者が利用できる支援制度)                                        
 
 (2) 「地域版・患者版パンフレット」について ・・・ 【岩手県地域両立支援チーム】

   (3) 医療機関の労働部門との連携による相談支援体制について ・・・ 【盛岡公共職業安定所】

   (4) 両立相談支援体制について ・・・ 【(独法)岩手県産業保健支援センター】
      

主催等

(1) 主催 : 岩手県
(2) 共催 : 特定非営利活動法人いわてパノラマ福祉館
(3) 後援 : 岩手大学、(一社)岩手県経営者協会、岩手県中小企業家同友会、(一社)岩手県商工会連合会
         (一社)岩手県歯科医師会、(公社)岩手県看護協会、(一社)岩手県薬剤師会、(公財)岩手県対が
         ん協会、(公財)岩手県予防医学協会、全国健康保険協会岩手県支部
         
         岩手県地域両立支援チーム構成団体
          厚生労働省岩手労働局、盛岡公共職業安定所、盛岡市、(一社)岩手県医師会、岩手医科大学、
          岩手県中小企業団体中央会、(独法)労働者健康福祉機構岩手産業保健総合支援センター、日本
          労働組合連合会岩手県連合会、岩手県社会保険労務士会、(独法)高齢・障害・求職者雇用支援
          機構岩手障害者職業センター、岩手県医療ソーシャルワーカー協会、(一社)日本産業カウンセラー
          協会東北支部、日本キャリア開発協会 
          

「平成28年度がんと仕事の両立支援セミナー」を開催しました

 がんは国民の2人に1人がかかると言われていますが、一方で医療の進歩や検診による早期発見の進展などで、がんを治療しながら働く方も増えています。
 このため県では、今年度で2回目となるがんになっても仕事を続けられる職場環境づくりに向けて、企業の経営者・人事労務、安全衛生担当者、産業医などを対象とするセミナーを開催しました。
 セミナーには、県内の経営者や労務担当者、医療従事者、がん患者など約60名の方々に参加いただきました。
 
 セミナーの前半では、「がん共生時代の明日を考える ~がん、ともに働く~」と題して、一般社団法人CSRプロジェクト 代表理事の桜井なおみ氏が講演を行いました。
 サイバーシップの視点からみた就労支援、がん患者・家族を取り巻く就労支援、医療機関に期待する就労支援など具体的にお話を頂きました。
  両立するためには、柔軟な働き方と企業側へ自身の病気への配慮と見通しを伝えることが大切と話されました。

 また、盛岡公共職業安定所 主任就職促進指導官の佐藤正宏氏が、「長期療養者就職支援事業について」と題して講演を行いました。
  ハローワークでも就職支援を全国展開しており、岩手県でもハローワーク盛岡に就職支援ナビゲーターが配置され、岩手医科大学附属病院と事業協定し出張相談を行うなど、長期療養者支援を進めているので大いに活用して欲しいと話しました。

セミナー

 セミナーの後半では、医療ソーシャルワーカー、会社経営者などの立場を代表する方から発表いただいた後、講師の桜井氏、佐藤氏を交えたパネルディスカッションを行いました。
 
 岩手医大医療福祉相談室長の青木さんは、がん相談支援センターでは就労について、退院調整、社会復帰、医療費の相談などに対応しています。医療者との連携が必要だが、聞きたいことが聞けないときなどに、がん相談支援センターを一つの窓口として使って頂けたらと話しました。

 盛岡市にある株式会社北日本朝日航洋の代表取締役の岩尾さんからは、ご自身の会社での取組として、「年次有給休暇制度」を改定したことをご紹介いただきました。病気に関わらず、配慮する側、される側があっても、本当に助け合う・支え合う職場にしなければならないこと、配慮という点でお互いを理解し合うような面談を続けていきたいと話しました。

 就労継続支援A型事業所 モリファームサービス勤務の黒沢さんは、ご自身のがん闘病や離職・再就職の経験を話されました。
 

開催日時等

日時:平成29年1月31日(火) 13:00~15:30 【開場 12:30】 入場無料

場所:エスポワールいわて 2階大ホール (盛岡市中央通1丁目1-38)

対象:企業の経営者・人事・労務担当、安全衛生担当者、産業医等
    がん患者の診療や相談支援を行う医師、看護師、保健師、相談員等
    がん患者やその家族等、関心のある県民

主催:岩手県

共催:特定非営利活動法人いわてパノラマ福祉館、岩手県がん診療連携協議会
後援:厚生労働省岩手労働局、(一社)岩手県経営者協会、岩手県中小企業家同友会
    岩手県社会保険労務士会、(独法)労働者健康安全機構岩手産業保健総合支援センター
    (一社)岩手県医師会、(公財)岩手県対がん協会、(公財)岩手県予防医学協会
    全国健康保険協会岩手支部

プログラム

(1) 講演
   『がん共生時代の明日を考える ~がん、ともに働く~』
   講師 : 桜井 なおみ 氏 (一般社団法人CSRプロジェクト 代表理事)
 

(2) 行政説明
   『長期療養者就職支援事業について』
   講師 : 佐藤 正宏 氏 (盛岡公共職業安定所 主任就職促進指導官)
 

(3) パネルディスカッション
   【パネリスト】
   ・ 桜井 なおみ 氏 (一般社団法人CSRプロジェクト 代表理事)
   ・ 佐藤 正宏 氏  (盛岡公共職業安定所 主任就職促進指導官)
   ・ 青木 慎也 氏  (岩手医科大学附属病院 医療福祉相談室 室長)
   ・ 岩尾 哲二 氏  (株式会社北日本朝日航洋 代表取締役社長)
   ・ 黒沢 京子 氏  (就労継続支援A型事業所 モリファームサービス勤務)

   【コーディネーター】
   ・ 伊藤 薫樹 氏  (岩手医科大学附属病院腫瘍センター長)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 地域医療推進担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5415 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.