知事からのメッセージ 令和元年11月

ページ番号1024826  更新日 令和1年11月19日

印刷大きな文字で印刷

令和元年11月1日

11月1日、「岩手県道路整備促進中央大会」を東京都で開催しました。

当日は、県内の市町村長等にも出席いただき、花巻市長、久慈市長及び軽米町長から道路整備の重要性について意見発表していただきました。

また、陸中宮古青年会議所・直前理事長の志賀政信様からは、東日本大震災津波、平成28年台風第10号及び先月の台風第19号による3度の災害の経験を基に「災害に絶対負けない道路、市民を笑顔にする道路の整備」が必要であると地域の声を届けていただきました。

本大会は初めて東京都で開催するものであり、大会終了後には、市町村長等の皆様と「台風第19号の大雨等による被害に関する要望書」と「岩手県道路整備・管理に関する要望書」を御法川国土交通副大臣に提出しました。

近年は、災害が激甚化、頻発化する傾向にあり、県民の安全・安心を支える社会基盤の重要性が改めて認識されたこところです。特に道路が果たす役割は大きいことから、災害に強い道路ネットワークの構築や産業・観光振興の基盤となる道路整備を推進し、県土の強靭化等に取り組んでいきます。

岩手県道路整備促進中央大会の様子
岩手県道路整備促進中央大会
国土交通省への要望の様子
国土交通省への要望

令和元年11月13日

11月13日、「医師の働き方改革の推進と地域医療を守るネットワークいわて」を設置しました。

医師の働き方改革については、令和6年から医師の労働時間の上限規制が施行されることとなっており、改革を進めながら、24時間対応が必要な周産期医療や救急医療等を確保していくことが求められています。

「医師の働き方改革の推進と地域医療を守るネットワークいわて」は、医師の働き方改革の推進と地域医療体制を確保していくための課題等を医療関係者はもちろん、県民全体で共有し、全県的に取組を推進していくために設置したものです。

当日は、第1回ネットワーク会議を開催し、医師の働き方改革と地域医療に与える影響等について理解を深めるため、厚生労働省医政局医療経営支援課の西井章浩課長補佐、全国自治体病院協議会の望月泉副会長から御講演いただき、その後、構成団体における取組の情報共有と意見交換を行いました。

県では、4月にスタートした「いわて県民計画(2019~2028)」において、10の政策分野の一つに「健康・余暇」を盛り込んでいます。

引き続き、県民の生涯を通じた心身の健康づくりを進めるとともに、県民が必要に応じた医療を受けることができる体制の充実に取り組んでいきます。

第1回ネットワーク会議の様子
第1回ネットワーク会議
知事あいさつの様子
第1回ネットワーク会議・知事あいさつ

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 秘書課 管理担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5506 ファクス番号:019-623-9337
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。