知事からのメッセージ 平成31年2月

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1017915  更新日 平成31年3月15日

印刷大きな文字で印刷

平成31年2月7日

2月7日、名古屋市で「企業ネットワークいわて2019in名古屋」を開催しました。

この事業は、岩手県内に拠点のある東海地区の企業等に対して日頃の御礼を直接お伝えするとともに、本県への進出を検討している企業に対して岩手県の魅力や産業振興施策等を広く紹介し、新たな投資等を促すことを目的として開催しているものです。

今回は、まず私から「『復興』から『未来』へ~北上川バレーの挑戦~」と題し、東日本大震災津波からの復興の状況、2019年度からスタートする総合計画、特に、「北上川バレープロジェクト」について紹介し、さらに、2つの世界遺産や岩手の食材など岩手県の魅力をPRしました。また、戸舘商工労働観光部長が「岩手県のものづくり産業と人材育成・確保・定着の取組」についてプレゼンテーションを行いました。

その後、株式会社デンソーの加藤宣明相談役に「モノづくりへの想い」と題し、デンソーの歴史とモノづくりへのこだわり、自動車業界を取り巻く環境と今後のビジョンなどに関する講演をいただきました。

今回の開催は、参加した皆さんに本県の立地環境や産業振興施策、岩手県の魅力を紹介する機会となりました。今後も、岩手県の魅力を広くPRしていきます。

企業ネットワークいわての写真

平成31年2月17日

2月17日、東京都で開催された「第4回いいね!地方の暮らしフェア」に参加しました。

このイベントは、将来世代を支える社会を実現するために14県の知事により結成された「日本創生のための将来世代応援知事同盟」が、全国の若い世代に、各県の暮らしの魅力を広くアピールすることにより、地方移住の促進を目指すもので、今回で4回目の開催となりました。

フェアでは、各県知事による共同宣言として、「地方で誰もが希望をかなえ活躍できる社会、結婚し子育てに幸せを感じられる社会を目指して、行動すること」を宣言し、地方の魅力を発信し、「地方で暮らそう」と呼びかけました。

また、「これからの地域とのつながり方トークショー」では、4県(岩手県、福島県、長野県、山口県)知事が、地方暮らしの魅力をテーマとし、「地方におけるこれからの新しい働き方」などについてトークセッションを行いました。

他にも、「地方における子育て」や「女性の地域との関わり方」をテーマとしたトークセッションや各県の魅力を発信するブース展示が行われました。

今後も、地方暮らしの魅力を広くPRし、地方移住の促進を図っていきます。

写真:いいね地方の暮らしフェア

このページに関するお問い合わせ

秘書広報室 秘書課 管理担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5506 ファクス番号:019-623-9337
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。