知事からのメッセージ 令和4年11月

ページ番号1060202  更新日 令和4年11月21日

印刷大きな文字で印刷

令和4年11月2日

令和4年11月2日、岩手県戦没者追悼式に出席しました。

先の大戦では、苛烈を極めた長い戦いの中で、岩手県出身38,000余の方々が、祖国の平和と繁栄を一途に願い、故郷の家族の安泰を念じながら、戦場で、あるいは、遠い異郷の地で帰らぬ人となりました。戦禍によって犠牲となられた多くの方々の無念、苦しみに思いをはせるとき、尽きることのない悲しみが胸に迫ってまいります。

改めて、戦没者の方々の御冥福を、心からお祈りいたします。

また、御遺族の皆様におかれましては、最愛の御家族を亡くされた深い悲しみに耐え、幾多の苦難を乗り越えてこられました。皆様方の御労苦に対し、心から敬意を表するものであります。

終戦から77年の歳月が過ぎましたが、今日()の平和と繁栄が、戦争により命を落とされた、多くの方々の尊い犠牲を礎にしていることを決して忘れてはなりません。戦争の惨禍を二度と繰り返さないためにも、戦没者の方々がかけがえのない命をもって示された、戦争の悲惨さと平和の尊さを、しっかりと次の世代に継承していくことをお誓いいたします。

東日本大震災津波の発災から11年7箇月余りが経過しました。県では、「いわて県民計画(2019~2028)」で、「お互いに幸福を守り育てる希望郷いわて」を基本目標として掲げ、先人の尊い犠牲と御労苦に応えるべく、先人が慈しみ、命を懸けて守り、築き上げてきた故郷「いわて」の、更なる復興と振興を進めていきます。

戦没者の御霊()永久()に安らかならんことを、そして御遺族の皆様がいつまでもお元気で、お幸せでありますよう、心からお祈り申し上げます。

1
岩手県戦没者追悼式

令和4年11月16日

令和4年11月16日、第73回全国植樹祭いわて2023 「200日前カウントダウンイベント」に出席しました。 

令和5年6月に、「緑をつなごう 輝くイーハトーブの森から」をテーマに、復興の象徴である「奇跡の一本松」が立つ、高田松原津波復興祈念公園において、「第73回全国植樹祭」を開催します。

令和4年7月には、約50年前の全国植樹祭の会場である八幡平市の岩手県県民の森で、「1年前記念イベント」を開催しました。

また、このイベントを皮切りに始まった、全国植樹祭のシンボル「木製地球儀」の県内全市町村での巡回・展示は20市町村を数え、徐々に機運が高まっています。

本日、全国植樹祭の円滑な運営を図るため、「第73回全国植樹祭岩手県実施本部」並びに「岩手県行幸啓本部」を設置しました。

大会開催まで、200日前となることから、開催機運を一層盛り上げていくため、このカウントダウンイベントを開催しました。

お披露目したカウントダウンボードは、本県の豊かで多様な森林が育んだナラ、クリ、ケヤキ、ヤマザクラ、オニグルミ、ホオノキといった6種類の木をふんだんに使用し、岩手県で開催する全国植樹祭にふさわしいものとなっています。

今後、全国植樹祭の成功に向け、さらに準備を加速していきますので、県民の皆さんと一緒になって盛り上げていきましょう。

 

1
第73回全国植樹祭いわて2023 「200日前カウントダウンイベント」

令和4年11月18日

令和4年11月18日、新型コロナウイルス感染症対策本部第65回本部員会議を開催しました。

県内の感染状況は、本日(11月18日現在)、人口10万人当たりの新規感染者数が628人となり、1日の新規感染者数が8月以来1,500人を超える日があるなど、県内で最も感染が拡大した8月、9月の感染状況に迫る状況となっています。

夏の感染拡大時には、感染者数の増加とともに、医療従事者の感染や濃厚接触により、医療機関における人員体制の不足が生じるなど、コロナの感染拡大が、コロナ医療のみならず、救急医療などの一般医療にも影響しました。

現在、医療現場に係る負荷が高まっています。医療のひっ迫を避けるため、新規感染者が増えないよう感染対策の徹底をお願いします。

今般、岩手県新型コロナウイルス感染症専門委員会から、感染対策についてアドバイスをいただきました。県対策本部として「感染対策の徹底と事前の備えのお願い」を作成しましたので、県民や事業者の皆様に実践していただきますようお願いします。

特に、お願いしたい事項は次のとおりです。

○年末年始は人と接触する機会が増えますので、オミクロン株対応ワクチン接種希望の方は、早期に接種いただきますようお願いします。

○気温が下がり寒い季節になりましたが、窓や扉の開放、空気清浄機による室内の換気、湿度の調節を心掛けるようお願いします。

○こまめな手洗い、咳エチケット、会食を含め場面に応じた不織布マスクの着用をお願いします。

○自宅療養に備え、抗原定性検査キットや解熱鎮痛薬の準備をお願いします。症状がある65歳未満の方は、「いわて検査キット送付センター」に御連絡いただければ、検査キットを送付します。

○医療機関を受診する場合は、可能な限り平日・日中に相談・受診していただきますようお願いします。

県民の皆様には、一人ひとりが場面場面に応じた感染対策を徹底していただくようお願いします。

1
新型コロナウイルス感染症対策本部第65回本部員会議

このページに関するお問い合わせ

政策企画部 秘書課 秘書担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5017 ファクス番号:019-623-9337
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。