知事からのメッセージ 令和3年4月

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1041950  更新日 令和3年4月27日

印刷大きな文字で印刷

令和3年4月13日

4月13日、「日本創生のための将来世代応援知事同盟サミットinひろしま」に参加しました。

「日本創生のための将来世代応援知事同盟」は、若い世代が地方で暮らし、結婚し、子どもを生み、育てることができる社会の実現に向け、社会全体で将来世代を支援する仕組みを構築することを目的に、18県の知事が参加しているものです。

このサミットでは、全国各地の大学生とオンラインで、「暮らし」、「仕事」、「学生生活」、「東京一極集中」をテーマにディスカッションを行いました。

現在、全国各地において新型コロナウイルスの変異株の確認や急速な感染拡大、重症例の増加などが見られ、従来とは異なった局面に入ったと考えられることから、我が国の将来を担う大切な子ども達の孤立・孤独を防ぎ、不安に寄り添い、将来に夢や希望を持てるような社会を実現するために「将来世代応援に向けたひろしま声明」を発表しました。

新型コロナウイルス感染症への対策により、岩手県内でも、子ども達や若者に大変な苦労をかけており、頑張っている子ども達や若者に感謝を申し上げます。また、進学や就職で、岩手県から大勢の若者が「まん延防止等重点措置」の適用を受ける地域に住んでおり、「離れていても心は一つである」と改めて申し上げます。

県民の皆様と共に、この危機を乗り越えていきたいと考えておりますので、引き続き、よろしくお願い申し上げます。

出席知事
日本創生のための将来世代応援知事同盟サミットinひろしま

令和3年4月26日

4月26日、「岩手県新型コロナウイルス感染症対策本部第32回本部員会議」を開催しました。

4月25日から5月11日までを対象期間とする国内3度目の緊急事態宣言が、東京都、京都府、大阪府及び兵庫県に発令されました。

第32回本部員会議では、本県における感染症の発生状況、ワクチン接種の進捗状況、感染防止対策等について意見交換・情報共有を行いました。

関西圏では変異株への置き換わりが進み感染拡大が継続し、首都圏では変異株の割合が上昇しており、本県でも変異株による感染が確認されていることから、日々の新規感染者数を増やさないことが重要です。

県民の皆様には、三密を避け、手洗いや常時マスクの着用などの基本的な感染防止対策、「緊急事態宣言区域」及び「まん延防止等重点措置区域」との往来については、感染拡大防止の観点から、不要不急の帰省や旅行などは自粛をお願いするとともに、外出する際、不特定多数が集まるイベントや施設等に行く場合には、感染防止対策の徹底をお願いします。

また、本日、東北6県と新潟県の知事並びに仙台市長及び新潟市長とともに、「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための東北・新潟共同メッセージ~心をひとつに故郷を守ろう~」を発表しました。

感染された方々やその関係者の皆様への思いやりの気持ち、医療関係者をはじめ生活に不可欠な業務に従事している方々を感謝の気持ちで応援するとともに、東北・新潟が一丸となって新型コロナウイルス感染症の終息に向けて取り組んでいきましょう。

知事
岩手県新型コロナウイルス感染症対策本部第32回本部員会議

このページに関するお問い合わせ

政策企画部 秘書課 管理担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5506 ファクス番号:019-623-9337
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。