エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  福祉  ›  介護福祉  ›  地域密着型サービス外部評価調査員養成等研修を実施する指定研修機関の募集について


ここから本文です。

地域密着型サービス外部評価調査員養成等研修を実施する指定研修機関の募集について

ID番号 N1985 更新日 平成29年5月10日

岩手県では、地域密着型サービス(認知症対応型共同生活介護に限る)の外部評価に従事する調査員の養成等研修を行う指定研修機関を随時募集しています。
研修機関の指定を希望する場合は、所定の様式により申請してください。

外部評価調査員養成等研修の概要

研修の種類及び対象者

評価調査員養成研修

外部評価機関において評価調査業務に従事する者(予定を含む)

フォローアップ研修

外部評価機関において現に評価調査業務に従事している者

研修カリキュラム

評価調査員養成研修

「高齢者が地域で暮らし続けるための介護の理解」ほか 1,560分間

フォローアップ研修

「外部評価制度の動向について」ほか 300分

申請上の留意事項

指定申請書の提出

研修機関指定申請書(様式1)に必要書類を添付のうえ、下記まで郵送してください。

岩手県保健福祉部長寿社会課介護福祉担当
〒020-8570
岩手県盛岡市内丸10-1

指定研修機関の要件

  1. 評価調査員が所属する評価機関を運営する法人等以外の者であること。ただし、評価調査員が所属する評価機関を運営する法人等であって、研修を実施する部署と評価を実施する部署とが独立した関係にあるなど、研修の実施状況を客観的に確認することができると知事が認める場合はこの限りでない。
  2. 講師、会場等の研修体制及び事務処理体制が確保されていること。
  3. 会計帳簿、決算書類等が整備されているとともに、適正な経理処理が行われていること。
  4. 研修修了者の名簿を継続的に管理する体制が確保されていること。

その他

有効期間及び更新手続

指定研修機関の有効期間は1年間です。
有効期間の更新を希望する場合は、有効期間満了の30日前までに、県に更新の申請をすることとなります。

変更及び廃止の届出

提出した書類の内容等に変更が生じたとき、指定に係る研修事業を廃止しようとするときは、県に届け出なければなりません。

関係規定

添付の「岩手県地域密着型サービス外部評価調査員養成研修等取扱要領」をご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 長寿社会課 介護福祉担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5435 ファクス番号:019-629-5439
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.