令和元年度第1回宮古地方『「食の匠」の技』公開講座

ページ番号1030413  更新日 令和2年6月3日

印刷大きな文字で印刷

日時

令和元年6月18日(火曜) 10時30分~13時30分

場所

新里生涯学習センター・玄翁館 調理実習室 (宮古市茂市第5地割2

内容

 「宮古地方食の匠の会」では、宮古地方の 『 岩手県「食の匠」 』の 認定料理 及びその技について、一般消費者の方々に対し伝承を図るため、公開講座を開催してい ます。令和元年度第1回目として、下記のとおり開催いたしますので、当日の取材についてよろしくお願いします。

1 日時:令和元年6月18日(火曜) 10時30分~13時30分
2 場所:新里生涯学習センター・玄翁館 調理実習室 (宮古市茂市第5地割2)
3 講師
 宮古市 佐々木悦子(梅大福)
 岩泉町 邊見 むつ子(鮭の親子ずし)
4 日程及び内容
 10時40分~12時30分 技の公開(実演)
 12時40分~13時10分 試食・交流
5 参加者:一般消費者 13名 、岩手県「食の匠」 11名 予定
6 主催:宮古地方食の匠の会
7 後援:宮古農業改良普及センター、宮古地方農業振興協議会

特徴

  • 宮古地域の 一般 消費者 の方々が 岩手県 「食の匠」の技を間近で学ぶことができ る講座です 。
  • 大福もちは、お祭りや、人が集まる行事などの時につくります。 梅大福は、新里の梅の里づくりにあわせた特産加工品です 。
  • 鮭の親子ずしは、鮭の新巻とはらこ、岩泉町特産のわさびを使ったちらしずしです。

取材時の留意点

  • 実演風景が撮影可能な時間帯は、10時40分~12時30分頃となります。
  • 御取材いただける場合は、6月17日(月曜)までに下記問い合わせ先まで事前にご連絡くださるようお願いします。

問い合わせ先

宮古農業改良普及センター
 技術主幹兼地域指導課長 藤沢巧、主査農業普及員 米澤美穂
(電話:0193-64-2220 内線301、308)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。