令和元年度漁港検診(災害復旧等状況調査)の実施

ページ番号1030410  更新日 令和2年6月3日

印刷大きな文字で印刷

日時

令和元年8月3日(土曜) 17時00分~17時30分、4日(日曜) 9時20分~15時10分 (管内市町村分)

場所

島の越漁港、茂師漁港、田老漁港、津軽石漁港、重茂漁港、山田漁港、船越漁港

内容

 一般社団法人岩手県漁港漁村協会による、令和元年度漁港検診(災害復旧等状況調査)が管内漁港を対象に実施されますので、取材等についてよろしくお願いします。

1 目的
 各地域における漁港・漁村の整備課題、要望等を的確に把握し、今後の事業計画等に反映させる。特に、漁港、漁場、漁村の復旧・復興の現状及び課題等について調査する。
2 主催
 一般社団法人岩手県漁港漁村協会
(岩手県漁港漁村協会は、昭和24 年に漁港施設等の整備充実を図り、本県水産業の復興と発展に資することを目的に設立された団体である。)
3 主な参加者
 一般社団法人岩手県漁港漁村協会
  会長理事:大井 誠治、専務理事:大村 益男、理事:鈴木 俊一(国務大臣)
 公益社団法人全国漁港漁場協会
  代表理事会長 橋本 牧
 関係漁業協同組合
  代表理事組合長(田野畑村、小本浜、田老町、宮古、重茂、三陸やまだ、船越湾の各組合)
 田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町各市町村長、議会議長、議員
 岩手県
  農林水産部長、漁港担当技監、総括課長、水産担当技監、沿岸広域振興局副局長、水産振興センター職員等
4 検診(調査)箇所
 8月3日
  島の越漁港 17時00分~17時30分
 8月4日
  茂師漁港 9時20分~9時50分
  田老漁港 10時10分~10時40分
  津軽石漁港 11時25分~11時55分
  重茂漁港 12時15分~12時45分
  山田漁港 13時55分~14時25分
  船越漁港 14時40分~15時10分
5 参考
 3日:久慈管内漁港に引き続き、島の越漁港を検診
 4日:茂師、田老、津軽石、重茂、山田、船越 の各漁港を検診し、引き続き釜石局管内漁港を検診
 (5日:釜石局管内漁港を検診し、引き続き大船渡管内漁港を検診 )

特徴

 60年を越える歴史を持つ漁港検診は、岩手県の漁港の整備と水産業の振興発展に大きな役割を果たしてきました。
 漁港利用者等が、現地において直接、県漁港漁村協会、全国漁港漁場協会等に要望を行う貴重な機会となります。

取材時の留意点

 雨天決行となります。検診の時間は若干前後する可能性があります。
 ヘルメット、ライフジャケットの準備は不要です。

問い合わせ先

宮古水産振興センター
 漁港管理課長 菊池 政伸
(電話:0193-64-2216、内線319)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。