長期間使用製品安全点検制度について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1014000  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

長期使用製品安全点検制度が始まりました。

いつも通り使っていたのに、ある日突然、火災や事故に!これはとても怖いことです。
快適な生活に消費生活用製品は欠かせないものですが、製品の長期間の使用に伴う部品等の劣化(経年劣化)から、一酸化炭素中毒や火災などの重大な製品事故が発生しています。

こうした事故を未然に防ぐためには、消費者の皆さんには製品にも人と同じように寿命があることを認識し、消費者自ら、製品の保守に努めることが大切です。

長期使用製品安全点検制度は、消費者の保守点検活動をメーカーや販売事業者等が、サポートしてくれる制度です。対象製品を購入する時は、販売事業者の説明を聞き、メーカー等へ所有者登録をしてください。また、適切な時期にメーカー等から点検通知が届きますので、安全のため点検(有料)を受けましょう。

詳しくは経済産業省のサイトをご覧ください。

お問い合わせ

東北経済産業局製品安全室
電話:022-221-4918

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局経営企画部 企画推進課
〒026-0043 岩手県釜石市新町6-50
電話番号:0193-25-2701(内線番号:338) ファクス番号:0193-23-3472
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。