有毒植物による食中毒予防の注意喚起

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1014113  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

有毒植物による食中毒に注意しましょう

有毒植物にご注意ください!

平成27年においては有毒植物の誤食が原因と考えられる5件の食中毒死亡事例が発生し、過去5年では同様の食中毒が10件報告されてています。

  • ニラと間違われる植物:スイセン、ヒガンバナ科植物(スノーフレーク、別名:スズランスイセン)
  • ウルイ(オオバギボウシ)と間違われる植物:ヒメザゼンソウ
  • シドケ、ニリンソウ、ゲンノショウコと間違われる植物 :トリカブト
  • ギョウジャニンニクと間違われる植物:イヌサフラン、バイケイソウ
  • ユウガオと間違われる植物:ヒョウタン
  • サトイモやハスイモの茎と間違われる植物:クワズイモ

食用と確実に判断できない植物は、絶対に採らない!食べない!売らない!人にあげない!でください。

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧下さい。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局保健福祉環境部・釜石保健所 環境衛生課 食品衛生・薬務グループ
〒026-0043 岩手県釜石市新町6-50
電話番号:0193-27-5523(内線番号:247) ファクス番号:0193-25-2294
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。