津波防災講座等実施プログラム

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1014398  更新日 平成30年8月8日

印刷大きな文字で印刷

ここでは、沿岸広域振興局土木部が取組む「津波防災講座等実施プログラム」について紹介しています。

津波防災講座等実施プログラム

重点テーマの考え方の図
重点テーマの考え方

 沿岸広域振興局土木部では、震災からの復旧・復興に向け、津波防災施設の整備を推進しています。

 釜石・大槌地区 に住む子どもから大人まですべての方に、地域の安全を担う津波防災施設について理解を深めていただくことが、地域の防災力向上に向けて重要と考えており、施設整備と並行して、津波防災施設 の管理者の視点による「津波防災教育・啓発活動」を行っていく必要があると考えています。

 このような考えのもと、教育部局(学校、教育委員会等)や防災部局などが取組んでいる防災教育との連携を図り、土木部が取組むとより効果的な津波防災教育の内容を「津波防災講座等実施プログラム」として整理しました。

 土木部が伝えたい津波防災教育は、『津波防災施設の限界を知り、津波を過度に恐れず、避難を柱とす るソフト対策を正しく理解して、「郷土を愛し、その復興・発展を支える人材の育成」(注 1)に寄与すること』を目的とし、上記に示す 2 つを重点テーマとしました。(テーマの考え方は図に示すとおりです。)

(注 1)岩手県教育委員会作成「いわての復興教育」プログラムの目的
(注 2)ハード対策とは防潮堤等の施設により津波を直接防御する対策で、ソフト対策とはハード対策でないもの全般を 指し、防災教育もソフト対策に含まれる
(注 3)L1 とは、数十年~百数十年周期で発生する津波を想定した防災レベルのこと
(注 4)L2 とは、既往最大クラス(東日本大震災津波等)の津波を想定した防災レベルのこと

対象講座と主な形式

図表
対象講座と主な形式

  重点テーマを踏まえた津波防災教育を実施するには、防災のプロセスや計画外力などのある程度の科 学的知識や思考力が必要となるため、対象を中学校以上とすることが望ましいですが、現地見学会等の 方法を用いることにより小学校を対象に実施することも可能であると考えています。

津波防災講座向けの教材の活用方法(平成30年8月現在)

  • 県による学校向け出前講座の開催(釜石市内及び大槌町内の中学校又は高校各1か所の予定)
    この他要請があれば、部分的にゲストティーチャーとしての講師も可能です。
  • 県による各水門・防潮堤の工事説明会(9月1日大槌川水門・小鎚川水門、9月29日片岸海岸・鵜住居川水門、10月13日甲子川水門予定)
    この他要請があれば、個別に現場見学会も可能です。ただし、見学規模や時期等によりお断り又は時間の縮小をお願いすることがあります。
  • 防災関係機関・教育関係機関などへの配布
    この資料は、著作権フリーのものを使用しているので各種説明会などで自由に活用いただけます。

津波防災講座向けの教材

サンプル
パワーポイント(サンプル)

 ここでは各講座で使用する教材(資料)をまとめていますので、ダウンロードのうえご活用ください。

(主な内容)

  • パワーポイントは、中学生編、高校編を用意しています。
  • 自己学習プリントは、基礎編の他、小学生編、中学校編、高校生編があります。
  • これらの教材(資料)は、地域での勉強会など一般の方にもご利用いただけます。

その他、詳しい使用方法は、「釜石地区・大槌地区津波防災講座等実施プログラム」をご覧ください。

添付ファイル

津波防災講座資料中学校編

(注)ここではpdfファイルを添付しています。オリジナルファイルが必要な場合は、沿岸広域振興局土木部までご連絡ください。

津波防災講座資料高校編

(注)ここではpdfファイルを添付しています。オリジナルファイルが必要な場合は、沿岸広域振興局土木部までご連絡ください。

自己学習プリント【基礎編】

対象:小学生、中学生、高校生、一般

自己学習プリント【小学生編】

対象:小学生

自己学習プリント【中学校編】

対象:中学生、一般

自己学習プリント【高校編】

対象:高校生、一般

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局土木部 復興まちづくり課
〒026-0043 岩手県釜石市新町6-50
電話番号:0193-27-5574(内線番号:276) ファクス番号:0193-21-1106
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。