【トピックス】釜石市教育研究会が釜石港を視察しました

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1017024  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

釜石市教育研究会がガントリークレーンを視察しました(平成30年6月21日)

【視察の様子】

 平成30年6月21日(木曜日)、釜石市内の小中学校に勤める先生方が、釜石市教育研究会社会科部会のフィールドワークとして、釜石港ガントリークレーンを視察しました。当日は、ガントリークレーンによるコンテナ荷役の様子を見ていただきながら、ガントリークレーンの動きの早さや大きさを確認していただきました。

 ガントリークレーンが大阪府から岩手県に無償譲渡されたこと、ガントリークレーンを台船で釜石まで移送したこと、ガントリークレーンを支える岸壁に長さ40mを超える鋼管杭が入っていることなど興味深く聞き入っていました。世界最大水深63mの湾口防破堤によって、湾内の波が穏やかにある状況、復興道路・復興支援道路として、三陸沿岸道路(八戸~仙台)・東北横断自動車道釜石秋田線の整備により、輸送効率が向上していることや、釜石に限らず広域的に企業進出など県内経済を活性する機運が高まってきている状況にあることなど、釜石港を取り巻く状況についても理解を深めていただきました。また、生活に身近な日用品が釜石港を通じて届けられていることや、釜石港から世界へ届けられている冷凍魚、更には港湾物流に携わる仕事に必要な資格について、幅広く理解を深めていただきました。

 先生方からは、物流に関する質問やヒアリ対策に関する質問がありました。

写真:見学

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局土木部 河川港湾課 港湾海岸チーム
〒026-0043 岩手県釜石市新町6-50
電話番号:0193-27-5572(内線番号:321) ファクス番号:0193-21-1106
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。