<令和3年1月6日>岩手県立大学にて津波防災講座を行いました。

ページ番号1036470  更新日 令和3年1月18日

印刷大きな文字で印刷

令和3年1月6日(水曜日)、岩手県立大学にて津波防災講座を行いましたので、お知らせします。

津波防災講座の開催について

 令和3年1月6日(水曜日)、津波防災講座の取組の一環として、岩手県立大学総合政策学部の学生(120名程度)を対象にインフラツーリズムと津波防災に関して講義を行いました。講義は約90分となりました。

 講義では、インフラツーリズムの事例紹介として、沿岸広域振興局土木部が所管する水門・防潮堤工事の現場見学会等の様子を紹介しました。また、釜石市、大槌町内の学校等に対して開催している津波防災教育の内容についても説明し、今後の取組における津波防災の啓発や震災の伝承を効果的に行うための方法等を講義の中で考えていただきました。

 学生からは、講義後にインフラツーリズムの取組や津波防災施設の整備等に関して多くの感想や意見、質問をいただき、講義に対する理解度や関心の高さがうかがえました。

 沿岸広域振興局土木部では、岩手県立大学総合政策学部との協働研究として「東日本大震災にかかる復旧・復興事業で整備した津波防災施設を中心としたインフラツーリズムの開発」に取り組んでいます。

 今後も引き続き、学生からいただいた意見等を取り入れながら、津波防災の啓発や震災の伝承をより効果的に行えるインフラツーリズムや防災教育等の取組を進めて参ります。

講義の様子
講義の様子1
講義の様子
講義の様子2
講義の様子
講義の様子3

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局土木部 復興まちづくり課
〒026-0043 岩手県釜石市新町6-50
電話番号:0193-27-5574(内線番号:276) ファクス番号:0193-21-1106
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。