「第31回ヤンマー学生懸賞論文・作文」で、金賞と銅賞をダブル受賞!

ページ番号2001912  更新日 令和3年2月17日

印刷大きな文字で印刷

 令和3年1月29日、第31回ヤンマー学生懸賞論文・作文の入選発表会が行われました。今回の入選発表会は、新型コロナウィルスの影響により、初となるZOOMを利用した開催となりましたが、「作文の部」で、本校野菜経営科2年の菅谷勇太さんが「金賞」、同じく野菜経営科2年の村上一江さんが「銅賞」を受賞いたしました。

 本校にとって、金賞は初の受賞となる快挙。加えてダブル受賞もこれまでにない大きな栄誉となりました。

 菅谷さんの作品「0から1へ」は、農業と接点のなかった菅谷くんが、東京都八王子市から岩手農大に入学し、群馬県できゅうり農家になる決意をするまでの実体験を綴った内容になっています。独自に産地巡りを企画し、多くの農家と出会いながら新規就農への意思を固めて行った「菅谷さんの行動力と就農へのひたむきさに加え、卓越した文章作成能力」が高く評価されたようです。

 村上さんの作品「フルーツほおずきで岩泉町の農業振興に取り組む」は、農業の力で地元である岩泉町の活性化を実現したいという夢を抱くようになったきっかけと、その夢を実現するためのアイデアと取り組みについて綴ったもので、民間企業や岩手県立大学生等、地域を巻き込んだ活動が評価されたようです。

 それぞれの夢の実現に向けて取り組んだ農大での2年間の活動が高く評価される結果となり、4月から新たなステップに進むことが決まっている二人は、これまで以上に意欲にあふれている様子です。今後の二人の活躍を期待しています!

 

r03yammar1
ZOOMでの入選発表会に参加する二人
r03yammar2
受賞を喜ぶ菅谷勇太さん(野菜経営科2年)
r03yammar3
受賞を喜ぶ村上一江さん(野菜経営科2年)

このページに関するお問い合わせ

岩手県立農業大学校 教育部 農産園芸科
〒029-4501 岩手県胆沢郡金ケ崎町六原蟹子沢14
電話番号:0197-43-2211(内線番号:203) ファクス番号:0197-43-3184
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。