《八幡平》人物紹介『すてきなあの人 八幡平市 工藤美月さん』

ページ番号2002178  更新日 令和3年2月22日

印刷大きな文字で印刷

 地域の農業を盛り上げていこう!との意気込みで、令和2年春に農協職員として就職した工藤美月さんを紹介します。

 美月さんは、JA新いわて八幡平営農経済センター米穀園芸課で、日々、営農指導に奮闘している期待の若手職員です。実家は農業を営んでいるという美月さんは、小さい頃から家の手伝いをするなど農業と関わる生活をしてきました。

 地元の農業高校を卒業後、岩手県立農業大学校に進学。農業大学校では、花き経営科で栽培技術や専門知識を習得しました。

 農業大学校で勉強しているうちに、美月さんの「これまで学んだ専門知識や技術を生かすために農業関係の仕事に就きたい」という思いは徐々に強くなり、農協への就職を決意しました。

 農協での担当は、ピーマンやねぎ等の野菜。農業大学校の時に学んだ作目とは異なる担当となりましたが、全く臆することなく、持ち前の前向きさと、何ごとにも熱心に取り組む姿勢で、地域の農家の方々の圃場を回りながら、栽培技術を学んできました。

 また、指導会や地域の様々な会合に積極的に顔を出し、生産者の方に声掛けしながら情報収集するなど、その姿は頼もしく、今後より一層の活躍が期待されます。

 趣味はドライブとのこと。日常の業務に取組む一方、時には遠出をして学生時代の友人と会い、近況報告するなどしてリフレッシュしているそうです。

 今後の抱負を聞いてみると、「現在、担当しているピーマン、ねぎの知識や栽培技術などもっと深めたい。また、農家の皆さんから頼りにされる職員になり、地域を盛り上げられるように頑張りたい」と話してくれました。

 就職直後は、「担当品目の生産者の顔や家、圃場の場所を覚えることに一生懸命だった」と話す美月さん、営農指導員として間もなく1年になりますが、これまでに積み重ねてきた知識や経験を生かして、八幡平地域の農業を盛り上げるために頑張ってください。

 

                      八幡平農業改良普及センター 髙橋 寿夫

 

 

kudo1

kudo2

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

八幡平農業改良普及センター
〒028-7112 岩手県八幡平市田頭39-72-2
電話番号:0195-75-2233 ファクス番号:0195-75-2269
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。