【参加者募集】「水稲直播・子実用トウモロコシ」フォーラム in 岩手

ページ番号2001886  更新日 令和3年2月4日

印刷大きな文字で印刷

【参加者募集】「水稲直播・子実用トウモロコシ」フォーラム in 岩手(2021.3.10開催)

趣旨

農業従事者の減少・高齢化の急速な進行に伴い、担い手への農地の集積・集約化による経営体の規模拡大が進み、一方では効率的な水田農業の確立に向けた基盤整備や大区画化が進む中で、将来の水田農業を支える水稲の省力・低コスト栽培技術や、大規模な耕種経営体に合った省力的な作物の導入・拡大が喫緊の課題です。

これらを背景に、東北地域においては、水稲直播栽培が着実に拡大し、また、省力的な作物として子実用トウモロコシ栽培への関心が一層高まってきています。

そこで、岩手県における水稲直播栽培の取り組み状況と日本海側では取り組みの少ない山形県の乾田直播栽培の取り組み状況に加え、農研機構東北農業研究センターが開発した子実用トウモロコシの調製技術体系について相互に検討する技術交流会を開催し、生産者、普及・研究機関、企業等が連携した水稲直播栽培と子実用トウモロコシ栽培の普及拡大と一層の技術向上を図ります。

開催日時

令和3年3月10日 (水曜日) 10時30分~16時30分

開催場所

【現地会場】 盛岡市民文化ホール(マリオス) 大ホール     (岩手県盛岡市盛岡駅西通2丁目9-1)   

【オンライン会場(Web視聴)】   Webによりライブ配信

主催

農研機構東北農業研究センター

共催

水稲直播および子実用トウモロコシ普及促進会、食料生産地域再生のための先端技術展開事業(社会実装促進業務)三県連携農業コンソーシアム、「知」の集積と活用の場「東北農業のイノベーション技術創造」研究開発プラットフォーム、寒地・寒冷地水田農業研究ネットワーク

後援

公益社団法人日本農業法人協会

内容

岩手県における水稲直播・子実用トウモロコシ栽培の現状と課題

岩手県農林水産部農業普及技術課   荻内  謙吾

水稲直播栽培の技術体系と課題

(1) 乾田直播栽培

(1)岩手県中部地域
岩手県中部農業改良普及センター   照井  儀明
農事組合法人みずほ(花巻市)   菅原  道司

(2)岩手県県南地域
岩手県農林水産部農業普及技術課   寺田  道一
藤田農産(奥州市)   藤田  栄貴

(3)山形県庄内地域
農研機構東北農業研究センター   松波  寿典
株式会社まいすたぁ(三川町)   齋藤  一志

(2) 湛水直播栽培

農研機構東北農業研究センター   今須  宏美
岩手県農業研究センター   吉田  宏
農事組合法人桜屋ゆい(矢巾町)   白澤  和実

子実用トウモロコシの栽培・調製技術体系と課題

(1) 栽培技術体系と課題

紫波町産業部   小川   勝弘
農研機構東北農業研究センター   篠遠   善哉
農事組合法人水分農産(紫波町)   西田  真之介

(2) 調製技術体系と課題

農研機構東北農業研究センター   金井  源太
農研機構東北農業研究センター   嶝野  英子

対象

生産者、農業関係団体、行政機関、普及指導機関、試験研究機関、民間企業、農研機構東北農業研究センターアドバイザリーボード委員等

申込方法・お問い合わせ

申込方法や問い合わせは東北農業研究センターホームページをご覧ください。

申込締切: 令和3年2月26日(金曜日) 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農業普及技術課 農業革新支援担当(農業研究センター駐在)
〒024-0003 北上市成田20-1
電話番号:0197-68-4435 ファクス番号:0197-71-1088
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。