エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  >県土づくり ›  都市計画・下水道  ›  都市公園管理  ›  県立都市公園指定管理者募集要項等に対する質問と回答について


ここから本文です。

県立都市公園指定管理者募集要項等に対する質問と回答について

ID番号 N57981 更新日 平成29年8月24日

募集要項等に対する質問と回答について

県立都市公園指定管理者募集要項等に対して寄せられた質問及び回答は次のとおりです。

募集要項に対する質問

質問1

これまでの指定管理期間3年が5年に延長となり、過去の代行料から今後5年間の代行料が算出されているように見受けられる。消費税及び地方消費税の税率改定の影響を踏まえているとのことであるが、今後の最低賃金の上昇のような社会一般の情勢変化、老朽化による修繕費の上昇等が明らかに予測される中、期間が5年間に延長されたことにより、代行料変更の事由要素が増加すると考えられる。それらによる代行料の変更については協議対象となりうるのか。

回答1

社会情勢の変化や、指定管理者公募時に予測できなかった施設管理の需要が生じるなど、決定した管理代行料による対応が困難な事由が生じた場合には、県予算の範囲内で管理代行料を変更することも可能と考えます。
協議に当たっては、具体的なデータ等を示しながら、管理代行料を変更する必要性について説明をお願いすることになります。
 

業務仕様書に対する質問

質問1

つなぎスイミングセンター跡地は昨年施工され大部分が砕石敷となっている。御所湖祭り等の臨時駐車場などに使用されているが使用頻度は非常に低く、このままでは道路を隔てた向かいの多目的広場(現サッカー場)がそうだったように草地になってしまうことが予想され、草刈等の管理作業が発生してくると考えられる。その管理費用分の代行料変更は可能であるか。
 

回答1

つなぎスイミングセンター跡地の管理については、県予算の動向にもよりますが、必要な管理が可能となるよう、管理代行料を見直すことも今後検討することが考えられます。
 


質問2

別記3付表スイミングセンター芝管理は5,000平方メートルと第1期から変更されていないが、昨年の工事による変更はなぜ考慮されないのか。また、5,000平方メートルの算出根拠を示されたい。
 

回答2

「岩手県立御所湖広域公園管理運営業務仕様書」別記3「植栽管理基準」付表に記載されている「スイミングセンター 芝管理 5,000平方メートル」については、平成28年度に実施した取り壊し工事により、芝管理をすべき区画がなくなりました。したがって、この「芝管理」は業務には含まれません。現在公開している仕様書も併せて修正します。
 


質問3

経常修繕について、施工方法等に「修繕工事、部品交換等について、管理代行料の範囲内で実施する」、摘要に「1件当たり年間50万円以上の工事が複数になる場合には、あらかじめ県と協議すること」とあるが50万円以上は、50万円未満の誤りではないか。

回答3

「50万円以上」で正しいものです。50万円以上のものが複数に及ぶ場合、修繕を計画的に進める観点から、あらかじめ協議を求めるものです。
県と指定管理者とのリスク分担において、施設・設備の損傷のうち、軽微なものは指定管理者、軽微でないものは県が負担することとしています。
県立都市公園においては、この「軽微なもの」に当たるかどうかの線引きを50万円としています。
 


質問4

1件当たり50万円未満の工事が複数になる場合の協議には、工事だけではなく部品交換等も含めて考えて良いか。

回答4

回答3のとおり、協議の対象となるのは1件当たり50万円以上のものですが、工事だけでなく、部品交換等も含まれます。
「岩手県立御所湖広域公園管理運営業務仕様書」第12では、施設補修全般を事後保全の対象としています。
 


質問5

今後、施設の老朽化はますます進み、修繕費用は増加する一方と考えられるが、複数になり増加する費用等の準備はされているのか。

回答5

県では、公園施設長寿命化計画に基づく公園施設の計画的な修繕、更新を行っていますが、計画にない場合でも、県が行うべき施設修繕が新たに生じ、緊急性が高いと判断された場合には、県予算の範囲内で修繕等の対応を行うことを想定しています。


質問6

修繕は、安全上の観点などから即対応が必要な場合もあり、予算措置等を待たずに対応し「軽微なもの」を逸脱した場合、その費用は県のリスク分担と理解してよいか。

回答6

「岩手県立御所湖広域公園管理運営業務仕様書」第11により、指定管理者が施設の異常を発見したときは、速やかに使用停止又は応急措置を行うとともに、県に報告することを求めています。
事由が生じた際には、必要な修繕の内容や費用、リスク分担についても、県に速やかに協議してください。
 

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 都市計画課 管理担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5887 ファクス番号:019-629-9137
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.