エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  >県土づくり ›  都市計画・下水道  ›  公園・緑地


ここから本文です。

公園・緑地

ID番号 N504

つなぎスイミングセンター跡地の利活用検討のための意見募集アンケートについて(募集は終了しました)

県が管理する御所湖広域公園内の「つなぎスイミングセンター(以下、「つなぎSC」と略す)」については、平成15 年から平成17 年に「つなぎスイミングセンター検討委員会」、「つなぎスイミングセンター利活用ワークショップ」を開催し跡地の利活用の検討をおこないました。その時から10年近くが経過し、平成28 年の岩手国体に向け整備された「つなぎ多目的運動場」や「つなぎスポーツ研修センター」などの新たな運動施設が整備されるなど、「つなぎSC」を取り巻く環境も変わってきています。

本アンケートは、「つなぎSC」の跡地の利活用検討の基礎資料とするため、平成26年8月1日から25日まで募集しました。ご協力ありがとうございました。

高田松原地区震災復興祈念公園のあり方に関する提言

「高田松原地区震災復興祈念公園構想会議」(座長 中井検裕 東京工業大学大学院教授 以下、「構想会議」という。)は、東日本大震災津波の犠牲者を追悼・鎮魂するとともに、震災の記憶と記録を防災文化として国内外に発信し、後世に伝承する場として震災復興祈念公園(以下、「祈念公園」という。)を整備するため、そのあり方を検討してきたものです。

構想会議での議論や市民からの意見を踏まえ、祈念公園に求められる役割・機能及び効果についてとりまとめたものを提言していただきました。

高田松原津波復興祈念公園 基本構想

有識者委員会による検討やパブリックコメント等で寄せられたご意見をふまえ、「高田松原津波復興祈念公園 基本構想」が策定されました。

高田松原津波復興祈念公園 基本計画

有識者委員会による検討や、市民説明会・パブリックコメント等で寄せられたご意見をふまえ、「高田松原津波復興祈念公園 基本計画」が策定されました。

【簡易公募型プロポーザル】高田松原津波復興祈念公園基本設計業務(公募は終了しました)

高田松原津波復興祈念公園 基本設計

基本計画の策定を受け、引き続き基本設計等を検討するため、学識経験者等で構成する有識者委員会を設置します。

【簡易公募型プロポーザル】高田松原津波復興祈念公園実施設計業務

社会資本総合整備計画(公園事業)について

公園整備事業等に関する社会資本総合整備計画を作成しましたので、公表いたします。

「みどりの愛護」功労者 国土交通大臣表彰 受賞について




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.