エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  産業・雇用 ›  水産業  ›  水産物情報  ›  栽培漁業  ›  栽培漁業について


ここから本文です。

栽培漁業について

ID番号 N7597 更新日 平成28年1月18日

 自然界では、多くの魚介頬は卵から稚魚になるまでの時期に、大部分のものが死んでしまいます。

 栽培漁業とは、この時期を人の手で守り、大きく健康な稚魚を放流し、その後は豊かな海の生産力で育った魚を漁獲するという、計画性のある漁業のことをいいます。

 岩手県は、アワビ、ウニ及びヒラメの栽培漁業を推進しており、毎年、アワビ800万個、ウニ250万個、ヒラメ110万尾の稚貝(魚)が放流されています。

 また、近年、漁業者から要望のあるナマコの放流にも取り組んでいます。

 今後も、漁業者等の要望に応じ、新たな魚介類の放流を検討していきます。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 水産振興課 振興担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5817 ファクス番号:019-629-5824
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.