エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  消費生活  ›  製品安全情報  ›  注意喚起  ›  【注意喚起】脚立・はしごからの転落に注意!(平成26年12月22日公表)


ここから本文です。

【注意喚起】脚立・はしごからの転落に注意!(平成26年12月22日公表)

ID番号 N31583 更新日 平成26年12月24日

 消費者庁には、脚立・はしごからの転落事故の情報が437件寄せられています。転落して頭部を強打し死亡に至った事故情報も8件ありました。
 年齢が明らかな事故情報をみると、50歳以上が7割強を占めています。
 また、事故の大半が、庭木の剪定中や屋根等の修理といった住宅周りの作業中に発生しています。木の上、屋根の上など高い位置から落ちると骨折の危険が高く、特に頭部を強打して生活に支障を来すような後遺症が残ったケースも見られます。
 転落事故の原因が明らかなもののうち、脚立・はしごの製品が破損したことが原因のものは1割にも満たず、使用者の誤使用や、バランスを崩したり滑ったケースが、大半を占めています。
 脚立・はしごを使う場合には、高所で作業することの危険を認識し、「脚立の天板(最上段)に乗らない」「脚立・はしごは平らで安定したところに設置する」「はしごの使用時は補助者に支えてもらう」など、使用上の注意を守るとともに、自らの身体能力を過信せず、バランスを崩したり足を滑らせないように注意して、転落事故を防ぎましょう。

詳細については、消費者庁のホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.