エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  消費生活  ›  製品安全情報  ›  注意喚起  ›  【注意喚起】ノロウイルスによる食中毒にご注意ください!(平成24年12月28日公表)


ここから本文です。

【注意喚起】ノロウイルスによる食中毒にご注意ください!(平成24年12月28日公表)

ID番号 N2651 更新日 平成26年1月17日

消費者庁から、ノロウイルスによる食中毒を予防し、感染の拡大を防ぐための注意喚起がありました。

ノロウイルスによる食中毒等を予防し、感染を拡大させないため、御家庭での食事の支度の際や、高齢者、子どものための関連施設等で食事を提供する際等には、次の点に注意してください。

食中毒を予防するために

  • おう吐や下痢等の症状がある時には、食品を直接扱う作業は避けましょう。
  • 食材に触れる方や調理をする方は、手洗い及び調理器具等の衛生的な取り扱いを徹底してください。万一、ノロウイルスに汚染されている食材がある場合に、他の食材への感染拡大を防ぐことができます。
  • 特に高齢者や子どもなどの抵抗力の弱い方のためには、加熱が必要な食品の場合、中心部までしっかり加熱しましょう。

感染を拡げないために

  • 感染が疑われる場合には、速やかに医療機関を受診しましょう。
  • 感染者が発生した場合には、二次感染等を予防する必要があります。
    家庭用の塩素系漂白剤を薄めた液で、感染した人が使ったもの、吐ぶつが付着したもの等の消毒をしてください。
    また、ノロウイルスは生存力が強いので、ドアノブ、カーテン、リネン類、日用品等からもウイルスが検出されます。
    こうしたものも、家庭用の塩素系漂白剤を薄めた液で消毒を行ってください。
  • ノロウイルスに感染した人の吐ぶつや便には、ノロウイルスが大量に含まれていることがありますので、吐ぶつの拭き取りに使用した布やオムツ等の取扱いには十分注意しましょう。
    また、ノロウイルスは乾燥すると容易に空中に漂い、それが口に入って感染することもあるので、吐ぶつ等は乾燥しないうちに、床等に残らないよう速やかに処理してください。

詳細は、以下の添付ファイルをダウンロードしてご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.