エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  消費生活  ›  製品安全情報  ›  注意喚起  ›  【注意喚起】ゆたんぽでの低温やけどを防ぎましょう(平成25年2月27日公表)


ここから本文です。

【注意喚起】ゆたんぽでの低温やけどを防ぎましょう(平成25年2月27日公表)

ID番号 N2638 更新日 平成26年1月17日

就寝時にゆたんぽを布団の中で使用して、低温やけどをする事故が続いています。
低温やけどは、心地よく感じる程度の暖かさの温度でも長時間にわたって皮膚に接するとやけどをすることもあるもので、皮膚の深いところにまで達した場合には重症になることもあります。
低温やけどを確実に防ぐため、ゆたんぽの使用に際しては、就寝時にはゆたんぽを布団から出すなど、それぞれの製品の取扱上の注意等をよく確認して使用してください。

詳細は、以下の添付ファイルをダウンロードしてご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.