エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  消費生活  ›  消費生活Q&A  ›  保険・金融・クレジット(多重債務、詐欺被害、カードなど)  ›  市の職員を名乗る男から「保険料の還付金の受け取り方を教える」との電話があった


ここから本文です。

市の職員を名乗る男から「保険料の還付金の受け取り方を教える」との電話があった

ID番号 N47173 更新日 平成28年7月13日

質問

 年金暮らしなので家にいることが多い。先程、市の健康保健福祉課職員を名乗る男から「保険料の還付金が2万円ほどある。受け取り方を教える」との電話があった。なんかおかしいと感じたのですぐに電話を切った。あのままだったら、どのような話になったのだろうか。

回答

  おそらく「還付金詐欺」の電話でしょう。還付金を受け取るためにと称して、携帯電話を持ってスーパーなどのATMに行くように誘導されます。電話で指示を受けながらATMの操作をすると、お金を受け取るどころか、反対に送金してしまったということになります。

トラブルに遭わないためのアドバイス

  • 電話がかかってきて「還付金」「ATM」の言葉が出たら、詐欺を疑ってください。還付手続きでATM操作を電話で指示することはありません。自分ひとりで判断せずに、警察や最寄りの消費者センターに相談してください。   

不安に思ったら1人で悩まず、県民生活センターや市町村の消費生活相談窓口に御相談ください!

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.