エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  消費生活  ›  消費生活Q&A  ›  保険・金融・クレジット(多重債務、詐欺被害、カードなど)  ›  クレジットカードを利用する際の注意点


ここから本文です。

クレジットカードを利用する際の注意点

ID番号 N9499 更新日 平成26年7月14日

質問

クレジットカードをめぐるトラブルや利用する上での注意点について教えてください。

回答

クレジットカードは現金の持ち合わせがなくても買い物ができたり、海外では信用の証明にもなるなど便利なものです。その反面、使い過ぎや盗難・紛失などのトラブルも多く発生しています。

例えば

  • 他人のカードの磁気記録情報を特殊な機械で不正に読み出して(スキミング)コピーを作成し不正使用された
  • 名義を貸してクレジットカードを作り(名義貸し)、返済が滞ってトラブルになった
  • 海外旅行中の請求に使った覚えのない代金が含まれていた

などがあるようです。

私たちがカードを利用して買い物をするということは、クレジット会社に「借金」をしていることと同じです。

クレジットカードを利用する際は、

  1. 自分の支払い能力を考えて計画的に利用
  2. カードの利用明細を確認
  3. 友人間、家族間の貸し借りをしない
  4. インターネットでの利用は信頼できるサイトか確認してから
  5. 使わないカードは解約

という注意が必要です。

暗証番号については、覚えやすいという理由で生年月日や電話番号にすると、他人に簡単に知られてしまうことがあるので避けましょう。

万が一紛失・盗難に遭った場合は、カード発行会社と警察に連絡してください。身に覚えのない請求が届いたり請求金額が違っていた場合は、信販会社に相談しましょう。

クレジットは「信用」が不可欠の条件です。自分自身の信用を大切にするよう心掛けて、利用するようにしましょう。

不安に思ったら一人で悩まず、県民生活センターや市町村の消費生活相談窓口へご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.