エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  消費生活  ›  消費生活Q&A  ›  保険・金融・クレジット(多重債務、詐欺被害、カードなど)  ›  借金を整理したいけど専門家に依頼できる費用がない


ここから本文です。

借金を整理したいけど専門家に依頼できる費用がない

ID番号 N9495 更新日 平成28年4月11日

質問

消費者金融とクレジット会社から100万円の借入れがあります。借金を整理したいのですが、専門家に頼むと費用がかかると聞きました。お金はありません。

回答

借金(債務)の整理は個人でもできますが、専門知識が必要になりますので弁護士や司法書士などの専門家に相談するのが確実です。(司法書士のうち、法務大臣の認定をうけた司法書士に限り、140万円以下の借金の法律行為の代理人になることができます。)
また、弁護士等が債務整理を受任したという通知を出せば金融業者からの取り立ては止まります。

県では岩手弁護士会と協力して、県内8か所を会場に多重債務弁護士無料相談会を実施していますので、自分に合った解決方法の助言が受けられます。
相談の結果、債務整理を弁護士等に依頼する場合は費用がかかりますが、収入が一定額以下であるなどの条件を満たせば、日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助制度が利用できます。この制度は、法テラスが弁護士費用を立て替えて、その後利用者が分割で返済していくものです。

債務整理の方法

債務整理の方法には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などがあります。

任意整理

金融業者と話し合って債務整理をする方法で、利息の再計算を行い借金残高を確定して、債務弁済の和解をする方法です。過去に不当に高い利率で借金を返済し続けていた人は、払い過ぎたお金(過払い金)が返ってくる場合があります。

特定調停

基本的には任意整理と変わりませんが、簡易裁判所を通して金融業者と交渉するものです。

個人再生

借金の一定額を3年間程度で払うことを条件に、残りの借金を免除してもらう方法で、返済計画を裁判所に認可してもらう必要があります。ローン返済中の住宅等の財産の維持が可能です。

自己破産

前記の3つの方法が困難な場合、裁判所の決定により財産を金融業者に分配したうえで、残った借金を全額免除してもらう方法です。

借金の問題は、一人で悩まず少しでも早く専門の相談機関に相談することが大切です。

借金でお困りの方は、県民生活センターまたは市町村の消費生活相談窓口にご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.