エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  消費生活  ›  消費生活Q&A  ›  旅行・趣味・レジャー(美容、宝くじ、車、新聞など)  ›  高額賞金をうたう国際郵便


ここから本文です。

高額賞金をうたう国際郵便

ID番号 N9516 更新日 平成26年7月11日

質問

「高額賞金が当たった」と書かれた国際郵便がカナダから届きました。数日後、同じ差出人から「申し込みありがとうございました」という手紙とペンダントが送られてきました。
いずれも申し込みなどした覚えがないので無視していたのですが、再び「賞金123万円を受け取るかどうか連絡するように」と手紙がきました。連絡した方が良いのでしょうか。

回答

最近「外国の懸賞金が当たった」「あなたに投資すると決まりました」といった内容で、海外から手紙(ダイレクトメール)が届いたという相談が多く寄せられています。

手紙の内容は、順を追って変化します。
最初は、賞金や投資を指定された口座に振り込むので「○月○日までに事務手数料を送ってください」というもの。次に、ペンダントなどの宝飾品を同封し「申し込みを受け付けたので代金を振り込んでください」という内容。そして、「賞金などを受け取る気持ちがあるか連絡をください」というものが、送られてくることが多いようです。

実際に、手数料などを送金しても、手紙の送り主の所在地が海外であったり、郵送先を私書箱にしているなど巧妙に身を隠しており、後々連絡を取ることができず、お金の行方がわからなくなる例が報告されています。

結果として、高額の賞金等を手にしたという話は確認できていません。

また、一度このようなトラブルに巻き込まれてしまい、業者からくり返し手紙が送られて困っているという相談もあります。
こうした手紙には、簡単に多額のお金が手に入るかのような期待を持たせて手数料と称するお金を振り込ませる、電話番号や口座番号・クレジットカード番号などの個人情報を入手し、何らかの形でお金を支払わせるなどの狙いがあると考えられます。

申し込んでもいない賞金は当たりませんし、見知らぬ人にお金を援助する奇特な人はいません。

相談のような手紙が届いた時は、甘い誘惑に惑わされずに無視したり、破棄して、現実のお金や個人情報を守りましょう。

不安に思ったら一人で悩まず、県民生活センターや市町村の消費生活相談窓口にご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.