エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  消費生活  ›  消費生活Q&A  ›  衣食住(食品、クリーニング、住居など)  ›  しつこい勧誘でいらない健康食品を契約してしまった


ここから本文です。

しつこい勧誘でいらない健康食品を契約してしまった

ID番号 N9455 更新日 平成26年7月10日

質問

先日、自宅に訪問販売業者が来て、健康食品の購入を勧誘されました。販売員が「試しに飲んでみて」としつこく勧められたので、早く帰ってほしい一心で仕方なく10万円の健康食品の購入をしてしまいました。購入した商品はまだ飲んでいません。
契約の翌日、やはりいらない商品だと思い直し、クーリング・オフしたい旨を販売業者に申し出ましたが、「箱を開封したのでクーリング・オフはできない」と言われました。本当にクーリング・オフできないのでしょうか。

回答

クーリング・オフとは、訪問販売など特定の取引において、一定期間内であれば無条件に契約の解除ができるという制度です。
この事例の場合、訪問販売での購入ですので、契約書面を受け取った日から8日以内であればクーリング・オフすることができます。

なお、健康食品や化粧品など消耗品については、一部を消費または使用した場合はクーリング・オフすることができません。ただし、この事例の場合は販売員が商品の箱を開封していることから、クーリング・オフは可能です。販売員のこのような行為は、消費者のクーリング・オフを妨げる行為として、クーリング・オフ妨害(回避)と呼ばれ、違法行為に当たります。

不安に思ったら一人で悩まず、県民生活センターや市町村の消費生活相談窓口へご相談ください。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.