エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  消費生活  ›  消費生活Q&A  ›  生活のまめちしき(相談窓口、法律・用語の解説など)  ›  「住宅性能表示制度」を活用しよう


ここから本文です。

「住宅性能表示制度」を活用しよう

ID番号 N9479 更新日 平成29年7月13日

質問

住宅の新築を考えていますが、耐震偽装事件などもあり、安心して住める家ができるかどうかとても不安です。「住宅性能表示制度」という言葉を聞いたことがありますが、どのような制度ですか。

回答

住宅性能表示制度は、平成12年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく制度です。

国土交通省大臣に登録された「登録住宅性能評価機関」は、申請があった場合、法律に定められた技術基準に従って住宅の性能評価を行い、その結果を「住宅性能評価書」という書面で交付します。

住宅性能評価書には、設計段階の評価結果をまとめた「設計住宅性能評価書」と、施工・完成段階の現場検査を経て、評価結果をまとめた「建設住宅性能評価書」の2種類があり、それぞれ住宅品質確保法で定めるマークが表示されます。

住宅性能評価書のメリットとして、

  1. 住宅性能評価書の内容を、これから締結しようとする新築住宅の請負契約や売買契約に反映することができる。
  2. 建設住宅性能評価書が交付された住宅について紛争が生じた場合、各弁護士会にある「指定住宅紛争処理機関」に紛争処理を申請できること    などを挙げることができます。

2は、いわゆるADR(裁判外紛争解決手続き)の一種であり、これにより、裁判によらずに簡易かつ迅速に住宅紛争の解決を図るものです。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.