エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  消費生活  ›  消費生活Q&A  ›  生活のまめちしき(相談窓口、法律・用語の解説など)  ›  不当表示として禁止されるのはどのような表示?


ここから本文です。

不当表示として禁止されるのはどのような表示?

ID番号 N9460 更新日 平成26年7月5日

質問

不当表示として禁止されるのはどのような表示ですか。

回答

商品またはサービスの品質、規格そのほかの内容について、実際のものよりも著しく優良であると示す表示や事実と違って他の事業者のものよりも著しく優良であると示す表示は禁止されています。これは取引条件についても同様です。

一般の消費者は、通常、商品は表示通りであると認識しますので、表示と実際のものが異なる場合は商品を正しく選ぶことができなくなります。

不当な表示によって消費者を誘引することは、正しい表示を行っている事業者の顧客を奪うことになるので、不当表示として禁止しています。
例えば、着色した甘い水に果汁を混合したものに「果汁100%」と表示していると、消費者はその表示を信じて購入する可能性があります。これは、原材料について誤認される恐れがあると考えられるので不当表示になります。

不当表示かどうかは、その表示が消費者にどのような認識、印象を与えるかによって判断されます。

商品等にはさまざまな情報が表示されています。誤解を招くような表示がありましたら、県民生活センターまでお知らせください。

不安に思ったら一人で悩まず、県民生活センターや市町村の消費生活相談窓口にご相談ください。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.