エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  消費生活  ›  消費生活Q&A  ›  生活のまめちしき(相談窓口、法律・用語の解説など)  ›  商品を販売するための景品の提供には規制があるの?


ここから本文です。

商品を販売するための景品の提供には規制があるの?

ID番号 N9459 更新日 平成26年7月5日

質問

商品を販売するための景品の提供には規制がありますか。

回答

不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)において不当な景品類の提供を規制しています。「景品類」とは、商品の販売促進手段として事業者が消費者に提供する物品や金銭、映画への招待などです。

ただし、値引きまたはアフターサービスと認められるもの、喫茶店のコーヒーに付いてくる砂糖とクリームなど取引の対象となる商品などに付随するものは含まれません。

景品提供は、基本的には自由ですが、提供する景品のウエイトが大きくなり、消費者が景品により商品を選択すると、商品本体の競争が有効に働かなくなりますので、景品表示法により提供できる景品類の額が制限されています。

購入者全員に配られる「総付景品」では、商品などの価格が千円未満の場合には最高額は200円、千円以上の場合には価格の2割となります。

抽選による「一般懸賞」では、最高額は商品などの価格が5千円未満の場合には価格の20倍、5千円以上の場合には10万円、総額は売上予定総額の2%となります。一定地域の複数の業者が共同で行う「共同懸賞」では、最高額は30万円、総額は売上予定総額の3%となります。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.