エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  くらし・環境 ›  自然  ›  野生動物  ›  鳥獣の保護及び管理  ›  岩手県鳥獣保護センターについて


ここから本文です。

岩手県鳥獣保護センターについて

ID番号 N2907 更新日 平成29年10月18日

新着情報

【平成27年7月に鳥獣保護センターへ寄せられた寄付金について】
 平成27年7月7日に、鳥獣保護センターあて匿名の方から、現金10万円の寄付をいただきました。
  寄付をされた方には、御礼申し上げます。

 この寄付金については、鳥獣保護センターの運営に有効活用させていただきますので、お知らせします。 

目的

保護鳥獣の写真

県民共有の貴重な財産であり、自然環境を構築する重要な要素である野生鳥獣の保護のために、幼鳥獣野生鳥獣の救護(治療及びリハビリテーションを行い、野生に復帰させるまで)を通じて生物多様性や地域個体群の保全に貢献するとともに、自然保護に関する県民学習や広報の場とすることを目的とする。

設置の経緯など

  • 昭和40年(1965年) キジの放鳥を目的に、岩手県キジ養殖場として開設
  • 昭和46年(1971年) 本県で開催された第25回愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」の開催を機に、幼傷病野生鳥獣の救護を目的に「岩手県鳥獣保護センター」と改称
  • 昭和52年(1977年) ヤマドリの繁殖を開始
  • 昭和63年(1988年) 県直営のキジの養殖を廃止
  • 平成13年(2000年) 管理棟・飼育棟(猛禽類飼育舎)・X線装置等を整備(改築)
  • 平成22年(2010年) キジ・ヤマドリの養殖を廃止

業務内容

  • 幼傷病野生鳥獣の救護 (一部鳥獣については救護対象外※)
  • 幼傷病野生鳥獣の救護に関する技術指導
  • 野生動物保護等に関する普及啓発
  • その他センターの目的の達成のために必要と認められる事項

敷地面積

41,089平方メートル

施設概要

管理棟1棟、訓練舎1棟、孵化・療養舎1棟、飼養育舎(猛禽類)2棟、飼養育舎(その他)2棟、放飼舎2棟、飼養育舎(獣類)1棟、保護訓練舎1棟、屋外訓練ケージ1棟、シカ舎1棟、カモシカ舎1棟、飼料倉庫1棟、車庫、機械庫

職員体制

  • 鳥獣保護専門員(非常勤専門職員)2名。1名(獣医師)は、日曜日から火曜日勤務、1名(獣医師)は水曜日から土曜日勤務
  • 期限付臨時職員(月曜日から金曜日勤務)

開所時間及び休所日

開所時間:午前8時30分から午後5時15分まで(ただし、臨時に変更することがあります)。
 
休所日:1229日から翌年1月3日まで。
(ただし、休所日に臨時に開所する又は休所日以外の日に臨時に休所することがあります。)
 

施設見学

見学をされたい場合は、別途県庁自然保護課(電話:019-629-5371)にお問い合わせください。

岩手県鳥獣保護センターの地図

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 自然保護課 野生生物担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5371 ファクス番号:019-629-5379
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.