エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  審議会  ›  農林水産部  ›  岩手競馬経営の将来方向検討会議  ›  持続可能な岩手競馬を考えるプロジェクト・チームについて


ここから本文です。

持続可能な岩手競馬を考えるプロジェクト・チームについて

ID番号 N19262 更新日 平成26年1月31日

持続可能な岩手競馬を考えるプロジェクト・チームについて

競馬組合は、現在、新しい岩手県競馬組合改革計画(新計画)の枠組みに沿って、業務委託企業等の取引先を含めた競馬関係者の理解と協力を得ながら、売上に応じたコスト管理を徹底し、収支均衡を実現するための努力を続けています。

こうした努力により、まずは、経営の安定化を実現することが重要ですが、これと併せて、岩手県競馬組合事業運営監視委員会からも意見をいただいたとおり、更に厳しさを増す経営環境を踏まえ、岩手競馬の将来にとって、どのような経営のあり方が望ましいのか、中長期的な視点に立った抜本的な改革についても検討を進めることが必要です。

このような認識のもと、平成19年9月に岩手県、奥州市及び盛岡市の構成団体職員で構成する本プロジェクト・チームが設置され、抜本的な改革による、持続可能な新たな岩手競馬のあり方について検討を行いました。

第一次報告(民間委託の拡大)について

プロジェクト・チームでは、民間委託の拡大について、抜本的な改革の有力な選択肢として、どのような民間委託のあり方が岩手競馬に適しているのか、様々な論点の整理を行ってきたところであり、これまでのプロジェクト・チームの検討の結果を、第一次報告(民間委託の拡大)として、平成19年12月に取りまとめました。

第二次報告(一場体制への移行)について

収益性の改善を図る抜本的改革の一つの方策として、岩手競馬を「一場体制に移行」する場合の、構成団体の再編成など新たな運営体制の再構築、移行のために必要となる施設等の整備、収支に及ぼす効果や地域経済や雇用への影響について論点整理を行い、第二次報告(一場体制への移行)として、平成20年6月に取りまとめました。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 競馬改革推進室 競馬改革推進担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5633 ファクス番号:019-629-5769
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.