エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  審議会  ›  県土整備部  ›  河川・海岸構造物の復旧等における環境・景観検討委員会  ›  第6回岩手県河川・海岸構造物の復旧等における環境・景観検討委員会会議結果のお知らせ


ここから本文です。

第6回岩手県河川・海岸構造物の復旧等における環境・景観検討委員会会議結果のお知らせ

ID番号 N44519 更新日 平成28年4月21日

第6回岩手県河川・海岸構造物の復旧等における環境・景観検討委員会

開催日時

平成27年9月25日(金曜日)  13時30分から15時30分

開催場所

盛岡市盛岡駅前通1番44号 ホテルメトロポリタン盛岡 4階「岩手」

出席者

南正昭委員長、平塚明副委員長、萱場祐一委員、諏訪義雄委員、竹原明秀委員(7名中5名出席)

議題及び報告事項

 

1 環境・景観配慮の取組み状況について


・ 事務局から、資料2により、環境への配慮事例として、「米田海岸の取組み(ハマナスの保全等)」について、及び、景観への配慮事例として、「釜石港須賀地区海岸の取組み(防潮堤の隅角部の曲線化、スリット窓の設置)」について説明があった。
・ 委員から、環境への配慮については、工事着工前に種や根茎などが含まれている表土を守る工夫を施すなど、ちょっとした気遣いで自然へのインパクトが低減されることがあるなどの意見があった。
 ・ また、釜石港須賀地区海岸のスリット窓については、景観への配慮だけではなく、津波襲来時に「津波がどのような状態になっているか海の状況を確認する」など非常に意味があるという意見もあった。
 

2 海岸保全基本計画の改定について(審議)

・ 事務局から、資料3により「平成26年6月に海岸法が改正されたことにより、平成25年9月に策定した三陸北沿岸及び三陸南沿岸海岸保全基本計画に、新たに『海岸保全施設の維持・修繕に関する事項』を追記すること等」について説明があった。
・ 委員からは、工事中の配慮事例の記載について、「工事業者の常識」と「環境保全のやり方」がしばしば食い違う場合があり、例えば「工事終了時に土地を平らに均すよりも凸凹の方が良い場合が多い」などの意見があった。
   
 

3 その他

 特になし
 

 
 

会議資料

【非公開】

  • 参考資料1 三陸北沿岸海岸保全基本計画(改定案)
  • 参考資料2 三陸南沿岸海岸保全基本計画(改定案)
  • 参考資料3 海岸保全基本計画(改定)巻末資料(案)

 (注)参考資料は、作業中資料のため非公開としています。

【公開】

傍聴者人数

報道関係者 5社

議事録

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 河川課 河川担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5903 ファクス番号:019-629-5909
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.