エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  審議会  ›  環境生活部  ›  食の安全安心委員会  ›  第8回岩手県食の安全安心委員会会議結果のお知らせ


ここから本文です。

第8回岩手県食の安全安心委員会会議結果のお知らせ

ID番号 N16848 更新日 平成26年1月17日

第8回岩手県食の安全安心委員会

開催日時

平成25年12月18日(水曜日)  10時から12時

開催場所

県庁12階特別会議室

出席者

16名

議題及び報告事項

委員長及び副委員長の選任

互選により、委員長に菅原悦子委員、副委員長に板井一好委員が選任された。

岩手県食の安全安心推進計画について

計画の概要について、県民くらしの安全課から説明した。

前回委員会(平成25年6月7日)の委員意見への対応状況

対応状況について、関係課から報告した。

岩手県食の安全安心推進計画に係る平成25年度の取組状況と平成26年度の取組方向

平成25年度の取組状況と平成26年度の取組方向について、県民くらしの安全課から報告し、質疑を行った。

主な意見

 計画に記載のある県民の役割としては、HACCPに取り組む事業者の情報などを消費行動に活用するよう努めるとある。HACCP自体は有効な取組であるが、消費者の商品選択に直結させようという動きは危うい面がある。

 店頭で「岩手版HACCPのお店」と見かけることがあるが、一般の人は理解しにくい。「温度管理をしっかりしているお店」など、具体的に分かりやすい表示にしてはどうか。

 放射線のリスクコミュニケーションにおいては、子どもたちが放射能を避けるための方法の紹介なども盛り込むべき。

 計画の目標を確実に達成するよう取組を進めてもらいたい。

 食品偽装は委員会としても監視を強めたいし、県としても、消費者が的確な判断が出来るよう、事業者の自覚と意識向上を促し、県内では発生しないよう取り組んで欲しい。

食品の放射性物質汚染に係る取組状況

取組状況について関係課から報告し、質疑を行った。

主な意見

山菜ときのこについては、シーズン前(販売前)の検査を経ずに販売されることのないよう対策を講ずるべき。

傍聴者人数

5名(一般1名、報道4名)

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 県民くらしの安全課 食の安全安心担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5322 ファクス番号:019-629-5279
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.