エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  岩手県精神保健福祉センター  ›  支援関係者向け情報  ›  研修会・講習会のご案内


ここから本文です。

研修会・講習会のご案内

ID番号 N6969 更新日 平成30年8月15日

自死遺族交流会公開講座

自死で家族を亡くしたあなたに伝えたいこと

  1. 目的 大切な家族を失った際、遺された人は、生きていくことが難しいと感じるほどの深い悲しみを抱えることがあります。自死遺族の場合には、そうした悲しみや苦しさを周囲の人に話すことが難しく、心理的・社会的に孤立してしまうことも少なくありません。
    本公開講座は、自死が遺族にもたらす影響をふまえ、大切な人を亡くした悲しみ(悲嘆)やケアについて学ぶことを目的として開催します。あわせて、県内の自死遺族の交流の場や相談支援窓口についての周知の機会とします。
  2. 日時 平成30年9月15日(土曜日)午後1時30分から4時30分まで
  3. 場所 大通会館リリオ 3階 イベントホール(盛岡市大通1-11-8)
  4. 公開講座 午後1時から2時40分まで 対象:自死遺族支援に関心のある一般の方、自死遺族、精神保健医療福祉等関係者
           講演「家族を自死で亡くしたあなたに 悲嘆とケア」
           講師 防衛医科大学校 精神科医師 黒澤美枝氏
    (注)プログラム等、詳細は開催要領をご覧ください。
  5. 自死遺族交流会 わかちかい 午後3時から4時30分まで 対象:自死遺族のみ
  6. 参加申込 9月7日(金曜日)までにお申込ください。(事前申込)
    (1)精神保健医療福祉等関係者は、申込書によりファクス、メールでお申込ください。
    (2)自死遺族および一般のかたは、申込書により電話、ファクスでお申込ください。
  7. 申込、お問い合わせ先
    岩手県精神保健福祉センター 電話番号019-629-9617 ファクス番号019-629-9603

若年層の自殺予防研修

  1. 目的
     自殺は若年層(39歳まで)の死因において上位であり、特に15歳から39歳まででは死因の一位です。また近年、20歳未満を除くすべての年代・性別で自殺死亡率が低下してしますが、20歳未満の自殺死亡率のみ横ばいに推移しています。若年層と関わる支援者や教職員が、若年層の自殺予防に関する知識を持つことは、若年層の自殺予防に資すると考えられます。
    本研修では、若年層の自殺予防に必要な知識について理解し援助法を習得する機会を提供します。
  2. 日時 平成30年9月7日(金曜日)午後1時から4時まで(受付 午後0時30分開始)
  3. 場所 エスポワールいわて 2階 大中ホール(盛岡市中央通1-1-38)
  4. 対象 若年層の支援を行う保健医療福祉関係職員、教諭、保健主事、養護教諭、スクールカウンセラー等
  5. 内容
     講義「若年層の自殺を予防するために(仮題)」
      講師 岩手県精神保健福祉センター 所長 小泉範高 
    演習「対応の実際を学ぶ(仮題)」
  6. 受講申込
    申込書に記入のうえ、ファクスにてお申込ください。9月3日(月曜日)までとします。
    お申込は先着順で受付とさせていただきます。(定員80名)
  7. 問い合わせ先
    岩手県精神保健福祉センター 
    電話番号 019-629-9617
    ファクス番号 019-629-9603

グループ・集団精神療法基礎研修会

  1. 目的 地域の精神保健福祉に携わる支援者が、グループ・集団精神療法の基礎を学ぶとともに、演習を通じ具体的な支援技術の向上を図ることにより、グループによる支援を実践できる人材を育成することを目的とします。 
  2. 対象 当事者または家族グループの支援をしているかたか、これからグループによる支援の実践を考えているかた。
  3. 開催日時 平成30年8月24日(金曜日)午前10時30分から午後4時まで(受付 午前10時から)
  4. 開催場所 岩手県福祉総合相談センター4階 大会議室
  5. 内容 (1)講義「グループ・集団精神療法の基本」(仮)
           講師 北星学園大学社会福祉学部 教授 田辺等先生
        (2)演習「グループ・集団精神療法の基本 スタッフの役割を理解する」(仮)
  6. 申込方法
        8月17日(金曜日)までに、別紙申込書によりファクスまたは郵送にてお申し込みください。
  7. 申込・問い合わせ先
        岩手県精神保健福祉センター (郵便番号020-0015  住所 盛岡市本町通3-19-1)
        電話番号 019-629-9617
        ファクス番号 019-629-9603 

ひきこもり公開講座・支援者研修会

  1. 目的
    ひきこもり問題は、その背景に様々な要因(生物的要因、心理的要因、社会的要因等)が複雑に絡み合っていることから、支援については、長期的な見通しを持ち段階に応じて展開していく必要があり、医療、保健、福祉、教育等多分野が柔軟に関わり、地域全体で支援する必要があります。
    本研修では、当事者家族を含む一般県民に対して普及啓発を行い、ひきこもりについての理解を深めるとともに、地域のひきこもり相談支援関係機関の連携を促進し、地域における包括的な支援を展開するための機会とします。あわせて、ひきこもり相談支援における指導者を育成することを目的とします。  
  2. 日時
    平成30年8月4日(土曜日)
    (1)公開講座 午前10時30分から12時10分まで
    (2)支援者研修会 午後1時15分から3時20分まで
  3. 場所
    いわて県民情報交流センターアイーナ 小田島組ホール (住所 盛岡市盛岡駅西通1-7-1) 
  4. 対象
    (1)公開講座 一般県民(当事者及び家族を含む)、相談支援に携わる関係者
    (2)支援者研修会 ひきこもり相談支援に携わる医療機関、教育機関、行政機関、民間相談機関等の職員
  5. 内容
    (1)ひきこもり公開講座
    講義「オープンダイアローグとひきこもり支援(仮題)」
    講師 筑波大学 医学医療系 社会精神保健学 教授 斎藤環先生
    (2)ひきこもり支援者研修会
    講義、事例検討・演習 (注)プログラム等詳細については別紙開催要領にてご覧ください。
  6. 申し込み方法
    支援者は7月26日(木曜日)までに、別紙申込書によりファクスにて申込ください。
    一般の方の公開講座参加は、前日までにお電話でお申し込みください。
    なお、当日受付も行いますが、聴講は事前受付のかたを優先とします。
  7. 申し込み・問い合わせ先
    岩手県精神保健福祉センター
    〒020-0015 盛岡市本町通3-19-1
    電話番号 019-629-9617 ファクス番号 019-629-9603

 

平成30年度「岩手県精神保健福祉センター地域支援ネットワーク」予定表(研修会・事例検討会計画)

精神保健福祉センターが行う、平成29年度の研修会・事例検討会の開催スケジュールにつきましては、こちらをご覧ください。

催事予定

当センターで主催する研修・教室、支援している集い、関連行事の予定は下記をご覧ください。  

平成30年8月

  • 2日(木曜日)ほほえみの会、うつ病家族教室、ひまわり会
  • 3日(金曜日)岩手県精神医療審査会
  • 7日(火曜日)小さな集まり
  • 9日(木曜日)アルコール家族教室、ほほえみの会、ほっとタイム
  • 19日(日曜日)りんどうの会
  • 21日(火曜日)小さな集まり、自立支援医療審査会
  • 23日(木曜日)ほほえみの会、岩手県精神医療審査会
  • 24日(金曜日)グループ・集団精神療法基礎研修会
  • 28日(火曜日)小さな集まり
  • 30日(木曜日)ほほえみの会、薬物依存症家族教室

平成30年9月

  • 4日(火曜日)小さな集まり
  • 6日(木曜日)ほほえみの会、岩手県精神医療審査会、うつ病家族教室、ひまわり会
  • 7日(金曜日)若年層の自殺予防研修
  • 11日(火曜日)小さな集まり、自立支援医療審査会
  • 13日(木曜日)ほほえみの会、アルコール家族教室
  • 15日(土曜日)自死遺族交流会公開講座
  • 18日(火曜日)小さな集まり
  • 20日(木曜日)ほほえみの会
  • 21日(金曜日)岩手県精神医療審査会
  • 25日(火曜日)小さな集まり
  • 27日(木曜日)ほほえみの会、薬物依存症家族教室

添付ファイル

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県精神保健福祉センター
〒020-0015 岩手県盛岡市本町通3-19-1
電話番号:019-629-9617 ファクス番号:019-629-9603
メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。




Copyright (C) Iwate Prefectural Government All Rights Reserved.