エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  県政情報 ›  政策  ›  スマイル130プロジェクト  ›  スマイル130(いちさんまる)プロジェクトの取組(7) 木材を活用した被災地・被災者への支援活動


ここから本文です。

スマイル130(いちさんまる)プロジェクトの取組(7) 木材を活用した被災地・被災者への支援活動

ID番号 N30008 更新日 平成26年12月1日

 今回ご紹介するのは、盛岡広域振興局林務部及び宮古農林振興センター林務室による、葛巻町「こいわの森」で間伐した木材を活用し、沿岸被災地へ薪を提供する取組です。

取組内容について

写真:薪の積み込み
「こいわの森」で被災地へ提供する薪をトラックに積み込みます

盛岡広域振興局林務部及び宮古農林振興センター林務室では、震災発生後から現在まで、県内の林業関係の団体、ボランティアグループ等と連携して、平成23年度から木材を活用した被災者支援活動に取り組んでいます。
 10月20日(月曜日)に行われた取り組みでは、葛巻町森林組合の協力を得て、葛巻町「こいわの森」で生産された薪を宮古市の田老町漁業協同組合に提供しました。
 薪に使用するのは、葛巻町に1万ヘクタールほど生育するミズナラ広葉樹。ミズナラは燃えやすく、薪や木炭に適している木材です。春と秋にトラック2台分で約3トンから4トンほどの薪を提供しており、震災直後は日常生活で必要なシーンに適宜使用され、現在は漁協の作業場や漁船の暖房用として使用されています。

取組を始めたきっかけ

写真:活樹祭のようす
薪づくりを体験する子どもたち

 震災が起きてすぐ、葛巻町ではお湯を沸かす原料として薪を沿岸被災地に贈ったのが始まりで、さらに『木を切って使うことは健康な森づくりに必要なこと』というテーマを掲げ、首都圏と葛巻町内の子どもたちが「こいわの森」の木を間伐して作った薪や、ボランティアを募集し伐採から搬出までを行って作った薪を、県が沿岸被災地に持っていったことから、この取組が毎年行われるようになりました。

 今では毎年開催される「活樹祭」や、「巻・薪・牧 トリプル薪フェスタ 森林の恵みフォーラム」で参加者が集めた薪を、田老町漁協のほか、山田町の三陸やまだ漁協に提供しています。

取組のアピールポイント

写真:薪の乾燥
子どもたちが切った薪をカゴに入れて乾燥させます

間伐で木々の枝葉を広げる空間を作ると、太陽光をよく浴びて木の成長が促進され、温暖化防止や土砂崩れ、また洪水対策にもつながっていきます。
 子どもたちが参加する林業体験の中で、木材を積極的に使うことの大切さを学ぶことができ、さらに被災地に木材を贈って使ってもらうことで、化石燃料の使用を抑えつつ、森林の活性化に貢献できます。
 提供する薪は30センチ程度の長さにしたものを1年ほど置いて乾燥させています。提供先の漁協からは乾燥前の生木でも構わないと言われているそうですが、生木は水分を含んでいて燃えにくい性質があることから、乾燥させたものを提供しています。
 また、日本の木材自給率が現在では3割程度に留まっており、これを5割以上にするという国の目標に沿った取組となっています。

今後の展開

写真:漁港で薪を降ろします
葛巻町から運んできた薪を田老漁港で降ろします

 地元市町村の協力を得て、被災者等のニーズ把握を行ったうえで、支援を希望する団体等とのマッチング支援を行っているため、今回の取組による薪が必要とされる間は、これからも薪の提供を継続していきます。

 

関係者の声

写真:集合写真
たくさんの方々の支援の気持ちがこもった薪です

 この取組にご協力いただいている、葛巻町森林組合参事の竹川高行さんは、
「沿岸被災地の方々が少しでも化石燃料を使わずに暖をとれて、環境にも経済的にも役に立つのであれば、毎年でも続けたいと思っています」


とお話をいただき、また、盛岡広域振興局林務部の深澤光林業振興課長は、
「沿岸の漁業に役立てば、葛巻の方々やイベント参加者の励みにもなる。来年以降も続けたい」


と取組の継続に意欲的なお話をしていただきました。
 田老町漁業協同組合販売定置課の清水徳喜主事は、 

「冬の時期、漁師さんたちはとても寒い中漁に出ているので、薪をいただけてとても助かっています」

とお話していただきました。
 今回提供した薪でワンシーズン持つとのこと。この薪で寒さ厳しい冬の漁を乗り越えて、三陸のおいしい水産物が届けられるのがますます楽しみです。

関連リンク

いわて復興だより

葛巻町森林組合

岩手県 田老町漁業協同組合

このページに関するお問い合わせ

政策地域部 政策推進室 政策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5509 ファクス番号:019-629-5254
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.